2012年3月アーカイブ

良い環境変化

| コメント(0) | トラックバック(0)

明日から本格的な春の4月に入り、学校では新入生、会社では新入社員が増える時期になります。

当社でも先日研修を終えた新入社員が、明日から正式に出社してきます。

新入社員には、お客様のためにも、今後の会社のためにも頑張ってほしいですね。

社会人になると、学生時代よりも辛いこともありますが、それを乗り切ると見えてくること、社会人としての自覚もでてきます。

・・・新入社員、明日から一緒に頑張ろう。

 

話は変わりますが、本日、N様のご契約が行われました。

・・・N様、おめでとうございます。

昨年からの土地の件が完了し、来月地鎮祭を行い、本格的に建物の工事に移っていきます。

夏頃の完成を楽しみにしていて下さい。

また、来週はU様、K様の上棟、来月はA様、本日ご契約のN様の地鎮祭も予定させて頂いています。

その他、工事中のお客様の現場も順調に進んでいます。

そして、今後当社で工事を希望されているお客様も多くお打合せさせて頂いています。

 

明日から4月ということで、世間一般にはそれぞれの環境が変わる時期であり、新入社員が入る当社でも社内環境は変わりますが、良い環境の変化をし、進行中のお客様にも、これからのお客様にも、今まで以上に良いお家、良い生活環境、そして幸せづくりを一緒にしていきたいですね。

 

一歩一歩春に

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

こ数日、温かい日と寒い日が交互に続き体調管理が難しくなっています。

皆様風邪などひかぬように、注意してください。

しかし、着実に春の陽気になっています。

 

春になると、田んぼに水を入れるために、用水の掃除があります。先日、用水掃除を行った際に、田んぼの土手にフキノトウが沢山出ていました。

当日は雪が降る大変寒い日でしたが、そのフキノトウを見たとき、少し心が温かくなりました。

寒い中でも、一生懸命に咲いている姿を観て、「もっと頑張れよ」と、励まされているように感じられました。

 

4月から、新入社員が入社してきます。期待と不安で、頭がいっぱいになっているはずです。不安を取り除き期待に応え、先輩として良い手本となるように、日々精進したいと思います。

新築工事 進行中

| コメント(0) | トラックバック(0)

3月も もう終わりに近いというのに 昨日は雪が降り積もったかと思えば今日は春らしい暖かな日となり なんだかよくわからない天候が続きます。

もうすぐ4月というだけあって会社近くのファボーレでも 入学 入園 新生活 の準備をしている方が多く見受けられます

当社でも4月から2名の新入社員の受け入れの準備をしているところです

日本中が「新たなスタート」の準備をしている中 当社施工中の新築物件も完成に向け工事が進行中です

 

P1340842.JPG

 

富山市 S様邸 

現在 壁 床に 断熱材を充填する工事の進行中です。

これから外壁工事を行っていきます 

 

P1340851.JPG

 

富山市 U様邸

配筋検査も完了し基礎工事中です

もうすぐで基礎工事も完了しいよいよ上棟となります

DSC04080.JPG

 

富山市 K様邸

K様邸も現在基礎工事中です

U様邸とほぼ同時期に工事がスタートしたのでK様邸も基礎工事が完了すれば上棟となります

 

 

4月から より一層慌しくなる中 完成に向け 各物件の準備が進んでいます

3月も終わりに近づき、4月が始まろうとしているこの時期に、また少し雪が降りましたね。

タイヤ交換をしていない方は安心ですが、もうタイヤ交換されている方は少しでも雪が降っている時は気をつけて下さい。

 

昨日、再生住宅をお考えのお客様を高岡市K様邸の再生工事中の現場へご案内しました。

ご案内させて頂きましたお客様は、先日氷見市での内見会にご来場頂きましたお客様で、実際の再生工事現場を見られたいという希望で、解体工事完了間際のK様邸をご案内しました。

ご案内したお客様には、解体工事後の様子を見て頂き、今後の基礎工事、補強工事の流れなど、いろいろ説明させて頂き、ご理解頂きました。

現場にご案内させて頂く前に、現在のお宅を見させて頂きましたが、立派な造りに、立派な蔵も併設されていました。

今回ご案内させて頂いたお客様は、当社のことを1月のTV放映で見て頂き、先日の内見会で実際の完成現場を見て頂き、昨日は工事中現場を見て頂き・・・短期間で当社の再生住宅のことをご理解いただけたと思います。

・・・今後、もう少しお打合せをさせて頂き、実際に家づくりを任せて頂ければと思っています。

 

今回のように、完成した建物ばかりではなく、再生住宅をお考えの方には、工事中の現場も見て頂いて、ご理解頂くこともできます。

ご希望があれば、皆様もご案内しますので、お気軽にご連絡下さい。

本日 F様邸の お引渡しを行いました

2世帯住宅のF様邸 若夫婦 ご両親 お孫さん 3世代の家族が全員出席して頂いてのお引き渡しとなりました

去年から見学会などには必ずと言っていいほど来て頂いていたF様 赤い車が来ると「あ、Fさんだ」とすぐに気付くくらいによく通って頂きました

 

IMGP3543.JPG

 

一つの家が完成するまでにどの住宅会社も大体 一つの季節をまたぐ位の期間がかかると思います

F様のお子様も最初にお会いした時は奥様に抱っこされていたのですが今日の引渡ではもうひとり歩きをしているくらいに成長しておられすごい驚きました。

 

お引き渡しの時にも言いましたがこれからがお付き合いの始まりですのでこれからもよろしきお願いします。

本日は誠におめでとうございます

昨日の休日に車の修理に行ってきました。

先日の夜 車を運転中に前の車から小石?らしきものが飛んできてフロントガラスにひびが入ってしまったのです

「うわーこれだとガラス交換に〇〇万円とられるかなー」と思っていたのですが、いつも行く車屋さんに連絡すると「小さな傷なら交換しなくても修理できますよ」とのこと

さっそく修理して頂き 見事 傷がわからなくなる位きれいに直していただきました

これで6年近く乗っている思い入れのある車だったので無事直ってきて非常に助かりました

 

修理される所を隣の部屋で見ている時に思ったのですが「これだと交換しかないかな?」と思っていたものを「技術で、きれいに直せる」という所が当社の「再生」という所に非常に近いのかな?と感じました

お客様の思い出の詰まった家を「壊すしかない」と思ってしまう前に「技術」で「新たに生まれ変わる」という所がなにか近い気がするな と修理される車を見ながら感じ また「再生住宅」をされる方の気持ちってこんな感じなのかな と考えさせられました

 

修理費2万円と痛い出費でしたが改めて気付かされたで出来事でした。

 

 

minagawa.JPG

 

 


 

3月18日(日)無事、新入社員研修が終了した。

当初、緊張気味だった2人も日が経つにつれ共栄ホームズに馴染んできたようにみえる。研修中は、社内の空気も若返ったような(笑)そんな意気揚々感が漂っていた。
地鎮祭・上棟式・内見会…何もかも初めての経験ばかりにも関らず、積極的な姿勢がとても印象的であった。


皆川くんが来社すると、必ず雪か雨…の天候。もしかしたら、雨男かもしれない。内見会も雨でビショビショになりながら、ビラ配りに励んでいた。4月の入社までには、是非晴れ男になっていてほしいと願う。今日(3月21日書類提出日)の午前中もなぜか雪がチラホラ…(笑)

中村くんは、羨ましいくらいの長身で共栄ホームズ内でも一番身長が大きい。いつも見上げて話をしていたような気がする。パソコンに向かうと、一瞬にして書類を作成してしまう早業の持ち主。機械オンチの私は焦ってしまう…。


雪・雨の中の研修にも関らず、内見会看板をつけたりビラを配ったり・・・体力仕事がほとんどであったように思う。しかし、何事にもヘコたれることなく若い力が輝いていた。
最終日のF様邸お引渡しでは、枠の内を眺めながら「すごい…」と感嘆していた。専務の涙・涙の感動的な引渡しをみて、カメラを撮りながら「家づくり」の重要性を身をもって感じられたように思う。

私自身何度みても「家の引渡し」は、お客様の笑顔が見れて一番好きな時間である。そんな時間を共に過ごし、共に仕事ができたことがとても楽しく嬉しかった。
4月の入社が待ち遠しい。
春よ~♪来い♪来い♪

4月から、また現場や打合せ時・内見会にて顔を合わせる機会が多々あると思います。お客様の温かい眼差しで、2人の入社を祝ってやってください。よろしくお願い致します。

mimikuni.JPG

 3月19日(月)「氷見・町家再生」の命名でスタートした再生住宅、M様邸のお引渡しが無事完了した。

 町屋再生の内見会は大盛況で、多くの来場者を迎えることができ感謝・感激である。

 担当した金剛寺さんは、幾度も氷見に足を運び深夜遅くまでM様邸の試行錯誤をしていた記憶がある。限られた空間をどのように再生して甦らせるか…お客様のこだわりをどのように再現するのか…町家ならではの幾度の困難を乗り越えお引渡しに至った。


 写真の通り、町屋の中に自分だけの異空間が広がり、M様のお気に入りの装飾品が再生住宅を彩り光る。

 M様の温かい言葉に金剛寺さん涙がホロリ…。

 思わずモライ泣きしてしまう。共栄ホームズ一同M様に出会えたことは、とても幸せなことである。町屋という限られた空間の中にも、家族の絆を深める空間づくりに一躍できたことに誇りを感じる。

 あたたかい町屋の風合いと共にM様のお住まいがより一層有意義なものになりますように…そう願ってしまう。

fufufuji.JPG

3月18日(日)F様邸お引渡しが行われた。

「共栄ホームズで建てて良かった…!」

そんな旦那様からのありがたい言葉を頂き、一同熱いものが込み上げてきた。F様邸のほとんどを担当した専務は、涙がほろり・・・。鍵を渡す瞬間、想いの詰まった家をお客様に引き渡す場面は幾度みても感動モノである。


 「大満足です!ありがとうございました」

そんなお客様の言葉は、共栄ホームズ一同、力の糧である。私たちもF様に出会えたこと…、またF様の家を再生させて頂いたこと・・・感謝の気持ちでいっぱいである。

「祖母は、こんな家を望んでいたと思います。」

歴史を刻んだ家を再生することで生まれたこの言葉こそ、「再生住宅」にこだわり続けた会社の誇りである。
 我が子のような家は、引渡し完了であるが、

  これから住む=長いお付き合い

になるF様に  ♪乾杯♪  である。

♪春らんまん♪

| コメント(0) | トラックバック(0)

 共栄ホームズのすぐ近くにあるファボーレ。新装OPENした店舗が増設し、新入学・新入社に向け春の装いを始めている。

 そんな中、春色のシャツを発見しあまりの可愛さに見惚れてしまった。

 その色は淡いサクラ色である。もう少し若かったら着たかったなぁ…と思っていた矢先、店員さんに「その色可愛いでしょ!コーディネートしましょうか?」と捉まってしまった。

 「こんな可愛らしい色、絶対似合わんもん」と謙遜していると、私が絶対選ばないようなヒラヒラのスカートを持って「騙されたと思って着てみてください!」と言われ試着室に案内された。


 …着てみてビックリ!自分のサイズに丁度の上、可愛らしい春ガールになっていた。

 そこで思ったことは、何事にもプロに選んでもらうと自分が思っている以上のものが出来上がってしまうこと。日々、多種多彩多色の服に囲まれ売り場に立つ店員さんはまさにその服屋さんのプロである。その人の体型に合わせ、好きな色を統一感あるコーディネートに変身させてしまう。


 今週お引渡しをしたF様邸も、専務の独断が選考した内観の作りになっている。しかし、家に一歩入るとその家の統一感に圧巻させられる。

 壁・床・柱・天井・建具・サッシ・電球が家全体を統一し、ポイントとしての遊び心を入れた装いは、まさに日々「家づくり」ばかりを考えている専務ならではのプロの技である。再生住宅であるが故に出せる風合いとマッチして、内見会に訪れたお客様には「再生住宅のモデルハウスみたい」と感嘆を響かせた。

 「自分の好きなモノを自由に選べる」これが、注文住宅の醍醐味である。

 しかし、その自由選考ゆえに全体の統一感に欠けてしまうこともしばしば…。一歩間違えれば、サクラ色のピンクのシャツにピンクのパンツを履いて、林家Pになっていたのではないだろうか。

  F様は「おまかせします」の一言から了承を頂いて、作りあげた再生住宅。

 家には幼少期から高齢者になるまで様々な状況場面が出てくる。そのドラマの背景として歴史を刻む家に、バランスのとれた統一感があってほしと願ってしまう。藤井様.JPG

3月10日に専門学校を卒業し

4月1日から共栄ホームズの社員となる中村です。

入社までの間、研修という形で仕事に励んでおります。

私は専門学校で「ITネットワーク」という建築とは全く関係のない

学科でしたが、貴社の再生住宅というすばらしい技術に憧れ

入社を希望しました。

内見会では実際に生で再生住宅を拝見して

改めて再生住宅を建てる貴社の技術に驚きました。

現在は全くといって建築の知識はございませんが

社員の一員として一生懸命仕事に取り組み良く学びたいと思います。

まだまだ不慣れで迷惑をかけると思いますが宜しくお願い致します。

内見会の終えて

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんばんは。研修中の皆川です。

 

今日はF様邸内見会2日目でした。

 

昨日今日と雨と悪天候の中、内見会会場にお越しいただきありがとうございました。

 

皆様どうだったでしょうか?再生に興味を持たれたのではないでしょうか?

 

私自身一段と再生住宅の良さを感じる内見会でした。写真ではなく実際に見ることで良さがわかると思います。この良さを皆様に伝えてきたいと思います。

 

少しではありましたが、お客様と対応する機会がありました。そこでは上手に話すことは出来なかったと思います。しかし、お客様と話す楽しさというのを感じることができました。皆様に自分の想いが届くようにしていきたいと思う瞬間でした。

 

研修中で皆様にはご迷惑をおかけしました。正式に入社してからは、いっそう皆様に満足していただける社員になっていきます。今後ともよろしくお願いします。

 

F様邸の内見会は20日にも開かせていただくことになりました。昨日今日と時間があわなかった皆様、是非お越しください。心よりお持ちしております。P340718.JPG

内見会に向けて

| コメント(0) | トラックバック(0)

はじめまして。只今4月の入社に向けて研修しております、皆川啓太です。

先日専門学校を卒業したばかりで分からない事ばかりで、毎日が勉強です。ご迷惑をかける事もあると思いますが、たくさんの体験・経験を積み、仕事の出来る社員になれるよう励んでまいります。

 

今日は、砺波市F様邸の内見会の準備として、皆様の案内目印である看板の設置と、清掃をしてきました。看板は近くの交差点などの電柱に付けてあるので、お近くまで来られましたら目印にしてください。

内見会は17・18日の2日間開催しています。

研修中の私でも『このような家に住んでみたい』と感じるので、お時間のある方は是非内見会にいらしてください。皆様のご来場心よりお待ちしております。

1.JPG

3月11日 吉日 K様邸地鎮祭が執り行われました。

家づくりを考えてから 土地探しなどに迷われながら 本日をむかえられました。

天気が心配されましたが 青空ものぞく地鎮祭日和になりました。

 参加されたお子様の笑顔も見られ また新しい家づくり(Neo)が始まります。

                P1340080.JPG

 

対して 昨年末より 工事が行われていたM様邸が完成し 施主様のご厚意により内見会を行わさせていただきました。

新築かと思わせる仕上がりですが 耐震補強工事に力を注いだ 当社の力量を発揮したClassicの完成です。施主様の壊すなんてもったいないの想いと 現代感覚の使いやすさの融合です。 

        IMG_5450.JPG

        IMG_5457.JPG

これから 共栄ホームズとともに 家づくりのはじまりと 家づくりの完成を感じる日となり 感慨深い日になりました。

さらに もう一つ A様邸のご契約の日ともなりました。時間が5時からと遅くなったにもかかわらず 手作りのケーキをお持ちいただき、手作りならでは想いのこもった味に ホッとさせられました。

家づくりに携わる者として 喜びの1日でした。本当に皆様ありがとうございました。

任せて頂いた皆様の想いとともに すばらしい家になるよう がんばります。

 

 

新たな気持ちで

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日快晴の中、富山市地内で、U様邸の地鎮祭が執り行われました。

ここ数日続いていた、ぐづついた天気とうって変わり、とても良い天気に恵まれ、この先の工事がとても順調に進むと確信できた上に、お施主様及びご両親様から、とても素晴らしい笑顔を頂戴いたしました。

今までたくさんの地鎮祭に出席させて頂いておりますが、何度出席しても神聖な気持ちにさせられます。

昨日も、この先皆様の期待を裏切らないように、新たな気持ちで、誠心誠意頑張っていこうと誓いました。

閑静な住宅地に建つ、とても素敵なお宅になります。今後の進捗をご期待下さい

  上埜様邸地鎮祭.JPG

お客様の楽しみ

| コメント(0) | トラックバック(0)

みなさん、先日の北日本新聞の記事は見て頂けたでしょか?

見逃された方は、片付けた新聞を出して、是非見てくださいね。

 

以前からお知らせしている様に、当社の方では今週末に氷見市のM様邸、来週末に砺波市のH様邸の内見会を予定しています。

どちらも見応えのあるお宅になっていますので、ご来場お待ちしています。

 

また、今週はU様、K様の地鎮祭も予定されており、待ちに待った工事着工です。

 

そして来週はS様の上棟も予定しています。

S様にとっては、今まで思い描いてきた家が形になる瞬間です。

 

お伝えしたことは、当社のお客様の近々の予定ですが、工事着工されているお客様もおられますし、今月末、来月以降も工事着工を楽しみに待っているたくさんのお客様がおられます。

 

そして、これから当社でお願いしたいというお客様も増えてきています。

これからのお客様は、内見会などで来場されたお客様も当然おられますが、お客様の方から当社に電話連絡される方、来社される方もおられます。

 

今後もいろいろな地域で当社のお客様のお宅が見ることができますので楽しみにしていてください。

そして、家づくりをお考えの方は電話して頂いたり、当社に寄ってみて下さい。

 

 

気遣い

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨年度より 再生工事に取り掛かっているF様邸に伺いました。

F様邸は いよいよ仕上げ工事の段階になってきています。

再生工事前に 既設の設備を使ってほしいとの要望があったため 再確認のため保管してある車庫の中に。ここは工事中に 休憩場所としても使わせて頂いていました。ふと 横をみると 冷蔵庫に張り紙があります。

「作業をしてくださる皆様へ いつもありがとうございます」

の言葉に思わず手を合わせました。工事中の心づかいに いまさらながら感謝します。こちらこそ ありがとうございました。震災の後 「絆」 という言葉が よく聞かれるようになりましたが ささいな気遣いに 絆を感じます。 

F様のような若いご夫婦に共感していただき 両親の残された家が「再生住宅」として生まれかわります。仏壇のある和室もあり リビングはモダンな新感覚の家になります。外観は まるで新築住宅ですが 内部は 随所に古材を生かしたつくりです。これから生活されるニューファミリーに使いやすさに 想い出を織り交ぜた家の完成は もうすぐです。

共栄ホームズの世代を越えて受け継がれる家への想いを ぜひ たくさんの皆様に 見てもらいたいと思います。

IMG_1050.JPG

 春に向けて着々と工事が進んでいる。3月に入ると、毎週土・日に内見会が開催され賑わいが期待される。

 そんな中、共栄ホームズにも新卒者新入社員が4月から入社予定である。以前、日本海ガス協賛の「船木選手トークショー&ガス展」にて1日体験研修があった。とても初々しく、爽やかで以前の共栄ホームズのイメージを一新したかのような光景であった。

 共栄ホームズの家は、「壊すなんてもったいない」をコンセプトにした再生住宅、又は「はじめるって楽しい」の新築住宅

“Neo&Classic"

がある。当初、「壊すなんてもったいない」なんて古臭い言葉で、どうせ自分が住む家ならピカピカの新しい家がいいと思っていた自分自身。しかし、1年間、共栄ホームズで働いてみると「壊すなんてもったいない」の裏には「物を大切にする」という言葉が含まれていたことに改めて気付かされた。

 よく高齢者から耳にする「現代はモノが溢れ、本当に豊かになった」との声。しかし、今の若い世代は「あって当たり前。なくて不安」の飽和状態にあるように思う。ましてや、あの東日本大震災による無駄な買い溜めや、不安からくる大量仕入れが問題視され、「モノ」自体の愛着が薄れているように思う。

「壊れたらまた買えばいい」…そんな考えが染み付いている私にとって、共栄ホームズの「壊すなんてもったいない」の本当の意味を知るには時間がかかるように思う。

 実際、再生住宅をみているとそんな考えが吹き飛ぶほど、古材が生き生きと息を吹き返し見事な再生が繰り広げられている。そんな再生住宅を間近で見られる自分は幸せ者なのかもしれない。

 今、自分にとって本当に大切なもの…

 残したいもの…

そんな考えが自ずから沸き起こってくる。

 再生住宅に興味のない方でも、家を建てるなら「絶対ピカピカの新築がいい!」と豪語する方でも一度でいいので、共栄ホームズの再生住宅をご覧頂きたい。若い世代の方でも、家が訴えかける「再生してくれてありがとう」というモノへの愛着感が生まれるかもしれない。

 職人の匠の技が垣間見れるこの機会をお見逃しのないよう多くの皆様にご案内していきたい。

武田 明子

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja

このアーカイブについて

このページには、2012年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年2月です。

次のアーカイブは2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。