2015年4月アーカイブ

会社にも春まつり

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

すっかり桜も散り、真夏のような暑い天気が続いています。

しかし、天気も良くイベント日和かと思います。昨日は、

当社にも「春まつり」ということで子供神輿が周ってきました。

 

気温も暑い中、子供たちの掛け声と神輿を揺らす音で

仕事をしていてもお祭り気分になりました。

 

お祭りというのは、豊かで平和な年であることを祈る行事だそうです。

私たちも祈るだけではなく、そんな良い年になるように

頑張りたいと思います。

 

 

IMGP2418.JPG

 

昨日は 祝日、天気も良くて 最高の休日だったのではないでしょうか。当社Classic(再生)館 近くの 動物園ファミリーパークも たくさんの人で いっぱいでした。 ファミリーパークの園内では たくさんの家族や友人 恋人 の笑顔で あふれていたのではないでしょうか?


当社でも その笑顔作りの お手伝いをする為 Classic(再生)館で 「お見合い大作戦」を 行いました。 今回は ガラス工房との コラボレーションで行い、ガラス細工を作りながら 男女の親睦を深める形で 行いました。


今回 私は 司会進行役を務めさせて頂きました。第一回の初イベントだった為 少々 大変な面も ございましたが、結果 7割をこえるカップルが うまくゆき、婚活イベントととしては 大成功だったのでは ないでしょうか。 進行しながら見ている こっちが 羨ましくなってきました(笑) きっと 楽しい ゴールデンウィークを 過ごされるのではないでしょうか?



また 今回の 「お見合いパーティー」は、今朝の富山新聞 朝刊にも 掲載されました。



 

IMGP7635.JPG




新聞にも 次回 内容が掲載されておりますが、次回は 5月31日()に 同Classic(再生)館にて 第二回「お見合い大作戦」 が 行われます。次回は そば作りをしながらの お見合いです。 プロのそば職人を呼んでの 本格的な そば作りです。


第一回の「お見合い大作戦」の 申し込みが多かった為、 後半に申し込みがあった方々は すでに 第二回からの参加とさせて頂いておりました。まだ 第二回への参加申し込み枠は 少し 残っておりますので、参加されたい方は 早めに 当社(076-466-3091)または ホームページお問い合わせバナーから メールにて ご連絡下さい。


 

最近は 急に 暑くなってきました。でも 夕方 窓を開けると 風が とても気持ちいいです。 夏は 自宅の中庭で 子供とスイカを食べるが 最高です。今年も 食べたいな~ と 思っております。


完璧なプライベートを確保できて 開放的に過ごせる 中庭空間 個人的には、おススメです。あと 視覚的に 部屋が広く見える 天井までの大きな窓も 自慢です。ただ この様な窓サッシは、特注になってしまいますので、断熱性重視の樹脂製サッシでは規格サイズが無く アルミ製のサッシに なってしまいますが、私は 解放感を重視して 住んでいます。全然 快適ですよ。 どこに 重点を置いて家を作るかは 個人個人の自由です。 自分好みに作るのが 家に対する思いも強くなり、大切にし、 一番快適なんですかね。このような 家に対する思いが 次世代につないでゆければ 最高ですね。


やっぱり たくさんの思いを形にできる 注文住宅は 良いですね。私も この空間に 思いを詰め込みました。ローンはありますが、大切にしてゆきたい 家です。




 

IMG_5782.JPG

 



さて このように 思いを詰め込んだ、家の 引渡しが 本日 行われました。立山町 M様邸です。この家が生まれるまで、M様も たくさんの話し合いの末、たくさんの思いを詰め込んで 当社と設計した家です。これから この家に 引っ越すこととなり、家族で たくさんの思い出を作っていかれる事と思います。 M様 ここ数ヶ月 家作りの為 いろいろ お疲れ様でした! 当社の テーマソング、 これからは 「家よりも大切なモノを~♪」 たくさん作っていって下さい。

 

本日は ありがとうございました。

 


 

 

DSC00936.JPG

 

 

 

 

 

富山県といえばチューリップ!

チューリップ王国とやまは、球根の日本一の産地です。と知ってはいたのですが、このフェアに足を運ぶのは30年ぶり位になります。北陸新幹線も開通したし富山を語るにはと、久々に訪れました。

入場料1000円を払い中に入ると、人人たくさんの人です。

image1 (2).JPG

入場口は、いくつかあったのですが、止めた駐車場の近くの北門から入りました。

入るとすぐにシンボルのチューリップタワーが見えます。

園内を一望できるビュースポットなだけに、こちらにもたくさんの人です。混雑のため登るのをためらう人のために、今年は各所にやぐらを組んだビュースポットが作られていました。

 

image1.JPG

image1 (3).JPG

 

 

image2.JPG

 

 

 驚いたことは、チューリップフェアの会場が広くなり、ボリューム満点の素晴らしいゾーンが作られていたことです。

 

 

水と緑のゾーンを中心に、文化会館 美術館、四季彩館が形成され一大テーマパークになっていました。
気候もよく美しい花を見ながら散策にはとても良い場所です。
美術館では人形展「昭和のこどもたち」が開催されており、期間中は、なんと無料で見ることができます。またこの日は文化会館で「富山県太鼓打ち競技会」が開かれており、腹の中に響く太鼓の音に圧倒されました。体験ゾーンでチューリップの花かご作りと苔玉つくりを楽しみました。

何よりも感じたのは、駐車場の誘導から会場内の案内、体験ゾーンの方々の親切な応対と花の美しさに富山の良さを再確認しました。

 

 

image3.JPG

 









 

 


 

本日の富山新聞 朝刊に 当社が掲載されました。 記事内容は 昨日 富山大学で 行われた 講演についてです。



 

IMGP2367.JPG

 

 




また 昨日は 富山テレビ、チューリップテレビのニュースでも放送され、周りの反応を見ていても とても やって良かったと 実感できました。私も サポート役で 参加していましたが、授業と授業の間で 行われた為 準備時間も少なく、参加者も多く 大変でしたが、終わった後の こういった世間様の反応を見ていると  とても やり甲斐を 感じました。


教室内を 見ていても、寝ている学生さんもいなく、皆 真剣に聞いて頂いたみたいで 良かったです(笑) アンケート内容からも それが察しられました。自分の学生時代だった頃 どうだったかと 思うと、ここまで真剣に講義を 受けたか 怪しいもんです。今回の講演 大成功といってもいいと思います。


清家教授をはじめとする、各ご協力頂いた 皆様 ありがとうございました。


来月は 日本海ガスさんの ショウルームPrego(プレーゴ)にて 講演が行われます。

 

 

新築やリフォームなど 我が家の家作りを考えはじめられる若世帯の方などは、「おもちゃ欲しい!」年齢の子供を お持ちの方々が けっこうおられるとは思われます。 最近の世の中は 情報が溢れており、知らないうちに 子供も スマートホン、YouTubeなどから 様々な情報を取り入れる時代です。 突然 「こういった 何色の こうやって遊べる おもちゃが欲しい!」と 言い出し、言葉足らずですが 色形を含め 具体的に伝えてきますが、 親としては「何それ?」 「どこで見つけたの?」などと 困惑します。

 

 

G20140805008693630_view[1].jpg

 



我が家にも おもちゃ買って年齢の子供が おります。基本は 誕生日、クリスマス以外は 大きな買い物はしないとの約束なのですが、お年玉で買ってやった 一回のイレーギュラーな買い物が きっかけで 災いを呼んだみたいです。最近は あれ欲しい!が酷いです、、、、。 どれだけ 言い聞かせてもダメで。どうしょうか?と 本気で悩んでました。頭から「買いません!」と 言い聞かせても 全くダメです。親としての 威厳が無いと言われれば それまでですが、、、、、。


ここで 一か八かの賭けにでて、「そこまで言うのなら 今から買ってあげてもイイけども、もし買ったら またお金を貯める為に パパはずっと仕事しなければいけなくなるから 休みの日も遊んであげれなくなるよ。」と 伝えました。子供は おもちゃが欲しい欲求 と たまの休みにパパと遊べなくなる寂しさの間で 葛藤が起き、泣きじゃくりました。  ここで子供が 「なら買いに行く!」と言われたら この話もパパの負けで 終わりでした。 が 休みの日は 思う存分 子供と一緒に 遊んでいるから、私には自信が ありました。  結果 子供は 7月まで 買わないと約束をしてくれました。


子育ては 難しい、、、、、、。これが正解は無いとは思いますが、 皆さんは どうしているのでしょうか(笑)



家作り 家族の幸せ作り という事で 今回は 家族のお話でした~。

 

 

 

今月の4月29日(祝日 水)に 当社再生(Classic)館にて 行われる、「古民家でお見合い大作戦」が あまりにも 好評で、電話にて お問い合わせが 多くあり 予定人数よりも大幅に増員を致しました。今回は 富山ガラス工房とのコラボレーションをした形になっております。ガラス作りを 男女で体験しながら 親睦を深めてもらおうという形式をとっております。




 

 

c0196076_19544940[1].jpg

 




今回 新聞記事にも 取り上げられ、あまりにも好評だった イベントだった為、5月にも 「お見合い大作戦」を 行う事が決定致しました。5月に 行うコラボレーションは 「古民家で そばうち体験しながらの お見合い」です。




 

 

002[1].jpg

 



そばを 男女でつくり それを食べて、親睦を深める お見合いです。こちらに参加されたい方は 是非 当社(076-466-3091)または ホームページ お問い合わせ/資料請求フォームからメールにて ご連絡下さい。



再生された再生住宅で行われる これらのイベントには、 空き家対策、少子化対策を 少しでも改善したいという 当社の 思いからのイベントです。 今後も 出来る限り 続けていきたい イベントです。

 


 

本日は、富山市 古沢にある 共栄ホームズの展示場 Classic 再生館にて 北日本新聞さん からの取材依頼があり 出向きました。


当社 再生ギャラリーClassic館 は とても いい風情の建物に なっております。一度 ご来館下さい。チャイルドルームも あり快適ですよ。


また 今月末には 古民家でお見合いパーティーも行われます。このパーティーは 大好評にて 定員オーバーになり 申し込みは締め切りましたが、また 来月も 開催する予定ですので 人生のパートナーをお探しの方は 是非 ご参加下さい!

 

 

DSC00901.JPG

 



ありがたいことです。 少々 緊張気味にて 若手2人で 車をカッ飛ばして再生館に向かい、北日本新聞さんの取材を受けました。 取材に来られた 記者さんも 近い年齢の人で 良かったです。 少しは 緊張が 解けました。



 

 

DSC00904.JPG

 


明日の 朝刊に 掲載されるとの事ですので、明日は 朝一 コンビニへ寄り 北日本新聞を 買占めないと(笑)


取材内容は 北日本新聞 朝刊を ご覧下さい!

 

本日は 天候も良く お出かけ日和です。さすがに 外出しておられる車も多いなと 感じました。 我々は 朝一番から 小矢部市にある とある町屋再生の現地調査へ 伺っておりました。 再生住宅を選択される お客様は家への思い入れが とてもある方が多く、今回 伺ったお客様も 先代が 大工の棟梁をされており 亡くなる寸前まで こだわって 自宅の和室を 作っておられたそうです。こだわりは 真壁造りの和室の 随所に感じる お部屋でした。施主様は 「材質じゃないですよ。思いですよ 思い!」 とても感動すら覚える 言葉。 我々が 考える 次世代へと繋ぐ「家」 「思いの絆」とは これなんだぁと ひしひしと感じました。 このような思いの詰まったお部屋は 解体せずに残します。そしてまた次世代へ。


そして 立派に 我々が 使い易く、安全安心、デザイン良く 設計再生した 提案図面を作成させて頂きます。頑張ります!




現地調査が終わり 小矢部から 帰る途中、観覧車が見えました。



 

 

NEWS000000059601[1].jpg




「おお!あれが アウトレットか!」 「すげー!早く行きたいな」 つかの間の 休日気分を 味わいました。 いかんいかん 仕事仕事。 早く 帰って 図面を おこさないと。


あの観覧車の見える光景は 休日気分に 引き込む魔力がありますね(笑)きっと www でも 空き家が増え続けている 小矢部街中ですが、少しでも いい効果があれば いいなとも 思います。


土日は 住宅相談会も 行っているので、早く帰社しないと。 でわ また!


 

 

3D図面

| コメント(0) | トラックバック(0)

昔から今現在に至るまで 家を新築する、リフォームするなどといった際に作成されるのが 平面図、立面図、など です。 それらの図面に +αの図面となるのが、3Dのパース図面です。 我々は平面図 立面図があれば 描かれている空間を 想像することができますが、一般の客様は どうかというと なかなか簡単に想像は できなのではないかと 思います。 その時に 活用するのが 平面図を3Dに 表した パース図面です。図面といえるのかは 怪しいですが、実際の寸法に 基づいて作成しているので、極めて正確な3D図なので やはり図面と言えるのではないでしょうか。





玄関1233.jpg

<玄関>




12.jpg

<ダイニングキッチン>




廊下.jpg

<和室へと続く 畳廊下>




寝室wwf.jpg

<寝室>




この様な 図面を 見ながら 打ち合わせを 進めます。平面図を見ながら照らし合わせて お客様に空間を より具体的に 想像してもらいます。フローリングの色決めや 建具の色決め、外壁の色決め に大活躍します。

 

今日は とある 新築住宅の図面を 作成していました。間取りの方は ある程度完成しているので、少し時間をかけて 内観のパース図面を作成しました。再生住宅のような 既存の大きな間取りの基本となる家が ある場合は 生活空間の作成に困ることは あまり無いのですが、新築の場合 予算の都合。または宅地分譲地などの規制などにより 生活空間を削らなければならない場合が あります。


今回 設計しているのは 敷地や予算により 生活空間の規制がある図面を作成しております。 生活空間を狭く感じさせないように いろいろ工夫しました。まずは 玄関、リビング、ダイニングキッチンを ひとつの空間にさせて頂きました。これにより廊下や玄関ホールを作る必要が無くなり、それらのスペースを生活空間に組み込める事になるわけです。 えっ?と 思われるかもしれませんが、今回の家の場合 半外部の風除室を設け そちらにて お客さんの対応を済ませる形をとりました。近しい友人などのみ玄関リビングへ招きいれるという形になります。




 

 

12334.jpg

 

小さい坪数ながら 空間の活用、窓の大胆な活用により 大空間が実現しました。


狭い中で あれもこれも と なると 空間が ひとつひとつ 狭く アパートの様な 自宅に なる可能性が あります。それが 良いんだという 方も もちろん おられますので、一概には  どれがイイと 言えなのが家作りですが。

 

空き家問題。これは 今の住宅事情だけには とどまらない 非常に重要な問題であると 当社では考えています。 社長の出張講演も この一環であります。


この記事を読む前に ひとつ前置き。決して 新築住宅を 否定している訳ではないと 前置きしておきます。現に 当社も 年に何棟も 新築住宅建設を 行っておりますし、斬新な 最新の空間設計などの 日々の勉強も 常に行っております。



 

 

 

内観1.jpg

 

 

 

 

さて

 



都会で生活をしておられる 働き盛りの社会人から たまに耳にする 「実家には 正月に帰りましたが、 居るのは年老いた親だけで ほぼ空き家状態ですよ。」 という言葉。 とても 無責任だと感じるのは 私だけでしょうか。こういった意識が 空き家予備軍であり また 空き家を 増やす ひとつの要因なのでは とも思ったりもします。 要するに 親から子へ 住宅の引継ぎが うまく行われない時代なのです。


また バブル経済崩壊後 住宅建設が景気対策の大きな柱とされ、住宅ローン減税、住宅取得支援策が多く打ち出され 持ち家が 推奨されています。この政策の恩恵は当社にも 大きなモノがあります。これは事実です。この影響は、今現在に 至るも 変わらないのです。その為か 空き家が増え続ける中でも ドンドン新築され 新しい家が増え続けています。当社がある 婦中町でも 日に日に ドンドン 新築が建っています。


新築は税金優遇!ローンの金利 優遇! これは 十分!腹一杯 分かりました。これからは、新築よりも 中古住宅再生の方が お得なんだ 優利なんだ! という 消費者に 印象付けることが 空き家減少への 重要なアクションなのでは ないのかと 考えています。


このように 問題を 問題だ!問題だ!と 叫ぶばかりでは 何も解決しないのも 事実です。何か行動を と 当社が 今現在 取り組んでいる、再生住宅への取り組み。民家を再生しギャラリー、イベント場としての利用。社長の出張講演。


これから 様々な 行動を考え 起こしていきたいと考えております。



 

 

 


yjimage[6].jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

夜桜

| コメント(0) | トラックバック(0)

全国的にもサクラ前線真っ盛りです。

県内でもサクラの名所は数々ありますが、当社の近くに「富山県中央植物園」というおすすめの名所があります。

今年も「さくらまつり」が開催され沢山の方が訪れていました。

 

image1.JPG

 

県中央植物園」と名称が変わる前は、地域の人が無料でサクラを楽しめる場所であったのですが、県の施設として整備されてからは、入場料500円ということもあり足が遠のいていました。

さくらまつりの時期だけは、入場料200円となり、また夜桜も楽しむことができます。

 

image2.JPG

 

植物園には約110種類420本余りのサクラが植えられています。

桜並木には昭和52年に植えられたソメイヨシノが90本およそ300mのサクラのトンネルが作られています。

様々な種類のサクラが3月中旬から5月初めまで楽しめます。

 

image3.JPG

 

 

池に映るサクラ、サクラのトンネルにうっとりします。

まだ肌寒さが残る日でしたが、サクラの美しさに心がホットしました。

 

image4.JPG

 

本日は 日曜日。さらに お出かけ日和の 快晴。すがすがしく 出社しました。 快晴になると 人は 動くのでしょうか? 共栄ホームズも 本日は 朝からバタバタでした。



毎週土日は、住宅相談会を開催しているのですが、朝から 多くの お客様が 来られました。 「再生住宅」 「リフォーム」 「新築住宅」の相談。


また 今月末 当社 Classic館で行われる 「古民家でお見合いパーティー」の参加の申し込みの予約も多くあり。これに 関しては、大好評で 既に 定員数を 超えてしまっているので、次回からの ご案内と ご説明させて頂いておりました。


さらには、家のデザインの相談? 「どのように設計すれば モデルハウスの様に格好良く 出来上がるのか?」 アドバイスを欲しい といった相談。 なかなか凄い相談ですよね(笑) 頭の中での空間設計、 センス と 経験値 と 言えば よいのでしょうか、、、。口で うまく説明できるものでも ないですよね、、、、。




 

 

IMG_3286.JPG

 

 

<写真:当社 NEO館 より>





 

 

0O4A3339.JPG

 

 

<写真:当社 NEO館 より>






社内 ベテラン勢は、富山市の お客様宅にて 再生住宅の現地調査を 行っておりました。現在 図面の作成に取りかかっております。再生住宅の 図面は既存を正確に構築してからと なりますので、 新築とは 異なり 熟練された知識が必要で 少々 お時間を 頂きますが、完成まで しばらく お待ち下さい。




 

0O4A3610.JPG

<写真:当社 Classic館 より>

 

 

 

仕事が ドンドン動き出すと 春だなぁ~♪ と 感じます。

 

 

婦中町 ウェストヒルズ 新築の 図面も作成中です。


 

 

221面 パース スタジオ (3).jpg

<思案中パース図、、、、 立山連峰を望む家>

 

 

 

 

再生住宅、新築住宅  どちらも 好調に 春スタートと いった感じです。


 

 

健康診断

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は 会社の健康診断の日でした。

皆さんも 年に1回は 受診されていることとは 思われますが、人間も 家同様 ある程度 年齢を重ねると ガタが 出てくるものです。そのガタつきを 放置していたりすると 後々 痛い目をみたりもします。


実を言いますと 私も2日前から 胃腸にガタがきて しばらく 会社に休養を頂いていた身ですが、、、、。


体調管理と一言でいえども 毎日の仕事 や 付き合いなどで、完璧に管理できないのも事実であります。家も同じで 雨も降れば 特に ここ富山は冬場に 多くの雪も降り 家のコンディション維持も 難しいのです。

 


 

 

kyoei3544.JPG

 

 


この家のコンディションを 復活 再生 させるのが 我々の仕事であります。ただ コンディションの復活にも いくつかのやり方が あるのも事実です。 病気に対して その場凌ぎの 鎮痛剤を処方するやり方、病気の根本を完治し 完全なる再生を果たす やり方。


科学の力を持っても 人がゼロから造りだせない人間の体とは 違い、家とは 人が作り出したものですので、再生のやり方も100% 人間が熟知しているのです。治す側の提案にも責任があります、しかし最終的には しっかり治すか、短期的に治すかは 家主様 次第ということです。 この判断を しっかりと 考えて行って欲しいと考えております。


我々が 病気になり、病院で診察を受け 休養をとる場所。一番 安心して 休養を とれる場所は かけがえのない家で あると思います。そこには 機能面だけでは 言い表せない モノが きっと あるからだと 思います。


そんな 生活にいつも密接している かけがいのない場所を 大切に思って頂きたいと思います。あなたは 今日仕事が終わったら あるいは 休日のレジャーを楽しんだ 後、どこに帰るのでしょうか?

 

 

住宅ローン説明会

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

今日は、JAの住宅ローンについての説明会を社内で行いました。
私はまだ大きなローンを組んだことがなく、まだ実感のない話ではありますが
家を作る中でもっとも大切なところです。資金計画をしっかりと立てなくては
家族の生活を左右する大きな問題にもなりかねません。
だからこそ、私たち住宅会社もこういった知識を身につけなくてはなりません。
普段お客様とご一緒に住宅ローンについて考えておられる
みなさんなので、質問もより具体的な内容から、「JAさんは地域密接
といった観点から、もっと他にできないことに取り組んでもらいたい」
などと、今後の取り組み方についてのお話にまで至りました。
社内で行ったこともあり、いろいろな話が飛び交い、とてもよい機会となりました。
今回はわざわざ会社まで来てご説明頂きまして、JAいずみ野様 ありがとう
ございました。
こういった知識は私たちもお客様に正確に伝えるにあたって必要なことなので
日々勉強していかなくてはならないと改めて感じました。

今日は、JAの住宅ローンについての説明会を社内で行いました。


私はまだ大きなローンを組んだことがなく、まだ実感のない話ではありますが家を作る中でもっとも大切なところです。資金計画をしっかりと立てなくては家族の生活を左右する大きな問題にもなりかねません。だからこそ、私たち住宅会社もこういった知識を身につけなくてはなりません。


普段お客様とご一緒に住宅ローンについて考えておられるみなさんなので、質問もより具体的な内容から、「JAさんは地域密接といった観点から、もっと他にできないことに取り組んでもらいたい」などと、今後の取り組み方についてのお話にまで至りました。社内で行ったこともあり、いろいろな話が飛び交い、とてもよい機会となりました。今回はわざわざ会社まで来てご説明頂きまして、JAいずみ野様 ありがとうございました。


こういった知識は私たちもお客様に正確に伝えるにあたって必要なことなので日々勉強していかなくてはならないと改めて感じました。

 

DSC00817 - コピー.JPG

 

 

DSC00820 - コピー.JPG

 

 

先日 ご相談を 受けた 物件のお話です。

高岡市にある とある空き家です。


この空き家の向かいに 新築を建てられた 若い世帯のご家族からの相談でした。現在 年老いた 親を この向かいの空き家を再生させて 近くで一緒に暮らしたいという 内容です。


工事内容としては 老夫婦の生活に2階というのは 使い難いという事で 減築再生住宅という ご希望でした。


2階部分を 解体、屋根を架け直すと なると 家の外観は 様変わりします。再生住宅の可能性を 広げるという意味も含めて 少々 具体的に こちらの提案を ご覧頂きたいと思います。



 

IMGP6787.JPG



こちらが 解体前の空き家の 状態の既存住宅です。1階正面に インナーガレージがあります。町家として、これは なかなかの利点では ないでしょうか。


さて 急な階段で繋がれた 不要な 2階部分を 解体し、屋根を組直すとどう変貌するか、、、、、、






 

2面 パース スタジオ (2).jpg

 

 

じゃじゃーん!


 

 

このように なります。 屋根は 飾り屋根をこしらえ 少々こちらの 好きな様に かけさせていただきましたので、お客様のご要望があれば 洋風和風 どのようにも させて頂きます。

間取りの変更は もちろんの事ですが、外観も大きな変貌を 遂げます。インナーガレージは そのまま 生かします。


町家ならではの 中庭がありましたので、生かして デッキテラス兼サンルームデッキも 設置しております。


再生住宅の提案は 富山NO、1 と という力強い自信がある 共栄ホームズの提案の ひとつです。

 

 

 

今日は 小雨の降る中 高岡市にて 現在 解体中の K様邸の取材が ありました。 ご協力頂いた K様ご家族 誠に ありがとうございました。

 

 

DSC00815.JPG


解体中という事もあり 間仕切りが無くなり、柱と床面のみ状態の中 取材が行われました。 取材が はじまる前、施主様は 「なーん、なに言うか 思いつかんかったわ~。」 と 話しておられましたが、いざ 取材がはじまると ここの部屋には このような思い出があります。ここの場所では 昔 よくこのような事を していた。青春時代を思い出させる場所。など お話が 多く聴くことができました。


事前に 答えを用意してこられなくても 自然と多くを語れる思い出が 詰まっているのが「家」です。この感覚は、 誰にでもわかると 思います。


住み慣れた家の 「芯」となっているのが この思い や 思い出 です。この「芯」の部分 を 残すというのが 再生住宅の 売り、中核の一つとなっております。


間取りは 使い易い様に 変貌を遂げますが、思い出の香りは 梁や柱に残されることとなります。 また K様邸は 現存の面影の まま残すお部屋が 2部屋あります。 これまた施主様の 強い思いからの 事です。



施主様に ふと 「2階に大きな梁が 見えてまえてますけど、隠れてしまうのでしょうか?」と 不安げに 質問されました。


もちろん 思い出の香り を残す せっかくの立派な梁ですので、表に現します。



 

 

IMGP1842.JPG

 

本日は 施主様、BBT様 ご協力 誠に ありがとうございました。

 

 

時代の流れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

yjimageQ4NZ57PD.jpgのサムネール画像


皆さんは スマートホン、アイホーンなど お持ちの方が多いとは思いますが、私の記憶が合っていれば、大幅に普及しはじめたのが ほんの4~5年前だったと記憶しています。もの凄い 勢いで普及したのが印象的でした。


私は 昔から TVゲームが好きで と言いますか 無駄に多い趣味の一部なのですが、スマホの普及に伴い ゲーム業界にも 大きな変化が起きざるをえなくなったようです。 ほんの少し前は 数万円を払い ゲームのハード機を購入し 数千円を払い 好みのソフトを買うという ニーズが大半でした。ゲームをやるのに 最低 数千円の出費が必要でした。なので私の子供時代は 誕生日、クリスマス。1年に 2本分の ゲームソフトを買ってもらうのが精一杯の時代でした。なので 半年間 ソフトが壊れるくらい 遊んでました(笑)


今の ゲームといえば スマートホンがあれば ゲームは 何本でも基本 無料で手に入るのです。好きなゲームを好きなだけ 無料で 遊べる時代です。凄い時代になったものです。しかし この無料ゲームにも 儲けのカラクリがあり、人より強くなりたければ、お金を出して強いキャラクターを買う必要があり。人より長い時間遊びたければ お金をだして 継続プレイをする必要があります。要するに一本の無料ソフトから 大量のお金が 生み出される仕組みなっております。


このように 時代は5年もあれば 信じられないくらい変化してゆきます。今のお話は たまたま 流れの速い 業界での例ですが、比較的変化の緩い建築業界でも 起きない事では ないと思います。 この流れのアンテナを察する 洞察力。欲をいえば 流れを作る 存在になれれば凄いことと思います。


新しい家庭ができる 新しい家を建てる、「新築住宅」今ある縮小しつつある現在のニーズ。今 不自由な所を 直して短期的に過ごす、小さいながら大きな市場になっている「リフォーム」。


当社が勢力的に 行っている あるモノを利用し、長期的永く次世代へと繋げる家「再生住宅」。増え続ける「空き家」一時 失われつつあった 「もったいない」の精神を 呼び起こす 新しい提案である事を信じつつ 声をあげていきます。

 

 

出逢いの季節 「春」4月29日に 当社が企画している、「古民家でお見合い大作戦」が 富山新聞の社会面に掲載されました。

掲載されたのが 昨日の朝刊になるのですが、社内でも 「おぉ!新聞に取り上げられてるよ!」「凄いね!」などと 寝耳に水のような 出来事でした。



 

P4020036.JPGのサムネール画像

 

ところが、寝耳に水のような出来事は 次の日の早朝にも 起きました。朝出社するなり 事務所の 電話が鳴りました。朝の早い職人さん達も 建築現場に着くかどうかの時間帯です。 新聞記事の効果なのかどうかは わかりませんが、お見合いパーティーへの申し込みの電話が 立て続けに かかってきました。


ありがたいお話です。


人と人の出逢いに 当社が協力できると伴に、昔ながらの富山の住宅を再生し 甦らせた 住宅を体感して頂く いい機会になればと 思っております。

ましてや このお見合いパーティーで 出逢い 結婚というカップルができ、将来 自分達の 居住空間を作りたいと 思われた時、出会いのきっかけとなった、 再生された「古民家」の 心地良さを 思い出していただければ 尚の喜びと思います。

再生された古民家で 出会い 再生した古民家に住む。 住居に 更なる思いが 宿る。そしてまた 引き継がれる。 我々の 勝手な理想ですが、素敵ですね!(笑)

 

 

 

 

 

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja

このアーカイブについて

このページには、2015年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年3月です。

次のアーカイブは2015年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。