2016年4月アーカイブ

昨日までの 天気予報を見ていると、今日の降水確率が夕方まで90%となっていたので、当日 絶対 雨が降るなぁと 思っておりました。


この地での 地鎮祭は 以前 強風で 延期になっていたので、あぁ~ 今回も 雨かぁ~ と思っていたら なんと 90%の確率を 跳ね除けて 晴れ間に恵まれました。


日頃の 行いですかねぇ~

 

RIMG4334.JPG



良かった~ 良かった。



RIMG4359.JPG

朝 早くの地鎮祭でしたけど 元気な顔で ポーズをとってくれて ありがとうございました!!



午後からは 基礎工事が はじまります。

 


もうすぐ ゴールデンウィークですね。  子供とミラージュランドに行く約束をしているので、うちの子供も楽しみにしております。


ゴールデンウィークの長期休暇の前に 工事も ある程度進めておこうと、各現場も着々と工事が 行われております。


婦中町 H様邸は、ゴールデンウィーク前には 地番改良 地鎮祭と済ませて、休み明けから基礎工事へと かかりたいので、本日も工事が順調に進んでおります。


地盤調査の結果 婦中町 H様邸は、 2階建住宅に耐えう地盤までの深さが るおよそ3Mでした。3M とは 木造一般住宅にしては 結構 深い地盤改良となります。 一般的には 2M以上の改良工事は 柱状改良という杭打ちになります。


 

 

 

RIMG4248.JPG




重機で 支持地盤まで 掘削します。



 

RIMG4251.JPG


掘削後 上がってきた地盤は、 水を含んだ 見たからに耐力のなさそうな 泥。




RIMG4272.JPG

支持地盤まで 砕石パイルで閉め固めを 行いました。


地盤改良は 新築を考えて 土地を買って、家を建てる前に 突如現れる費用ですが、地盤が弱いという結果がでれば やらなければならない工事です。


足元がしっかりしていない 家は不安ですよね。

 

今日は 高岡デクノドームへ行ってきました。 ニューライフフェアという住宅設備等の祭典です。 私達も 参加しておりました。


各メーカーたくさんの住宅設備が 高岡テクノドームに揃っているので、現在進行中のお客様、契約後のお客様、見込みのお客様 と たくさんのお客様に 声をかけさせて頂いて 誘致いたしました。



 

hjrzgjuky.jpg

 

明日も たくさんのお客様が 来られる事と 思われます。 頑張りましょう。


良かったら ご来場下さい お待ちしております。

 

まだ 一般の人にお披露目されては いないのですが、TDYのショウルームが金沢にオープン致しました。 何のショウルーム? と 思われる方に簡単に説明しますと、T=TOTO D=大建 Y=YKK の略です。要するに TOTO(トイレ キッチンなどの住宅設備) 、大建(フローリングや収納棚などの住宅建材) YKK(玄関ドア サッシ 窓開口部)が 一箇所に集まった 大型のショウルームです。


今までは お客様が各メーカーのショウルームを見たいとなると、メーカーごとにバラバラの地域に拡散していた ショウルームへと車を走らせて見ていただいたのが 一箇所で済みます。



 

4a85c77006fe7321d335b07ecdee919c.jpg

当社でも お隣石川県からの お問合せが 多数 定期的にきており、このようなショウルームが あると心強いところです。


今回は 一般の方に向けてのオープンに先駆けて、ハウスメーカー 工務店に向けての 公開でした。 招待状を頂いていたので 車を走らせ行ってきました。


家の 設備、建材、サッシ ここにくればすべて見ていただける場所でした。


また ただデザインを見るだけでは無く、実際に体感して この商品は 良い物なんだと具体的に確信を持っていただける きっかけになる とてもいい場所だと思います。

我々の営業トークでは 半信半疑な所を より一層具体性を持って 肉付けできる 心強い味方でもあります。


富山のショウルームとは 比較にならない広さに たくさんの商品が展示してあり、ただただ圧倒されました。


また 機会があれば 足を運びたいと思いました。


また ショウルームへ伺った際、各メーカーの担当の方々 ご丁寧な対応 誠にありがとうございました。

 


 

子供が小学生になり、早くも 授業参観がありました。 授業参観といえば いつもの如く 日曜日にあったので 私は ウェストヒルズの住宅展があり 仕事で 行けなかったのですが、しっかりと授業を聞いている様で 安心致しました。


授業参観が終わり、早速 明日から家庭訪問があるみたいです。先生って 本当大変な仕事だと思います。 1軒1軒 一人一人の 外では親を 教室では子供を まとめるわけですから。脱帽します。 その代わり 子供の記憶には 将来ずっと残る職業なのですね。


我が家にも 先生が やって来るということで、昨日 仕事が終わってから 一生懸命 リビングを片付けました。 冬場からずっと 使っていた 電気カーペットを2階へ上げました。そうすると 電気カーペット下の 床のムク材が エライ事に、、、、、。無垢板と無垢板との間に 3~4mmほど の隙間と 目視できる板の反りが。


そこを また 夏用のカーペットに敷き変えて 隠しました(笑)


しまった~。電気カーペットなんて敷くと 長時間 木が暖められて 乾燥収縮するにきまってきるじゃないですか。 多少の収縮はあるとは思いますが、ここまでの収縮 反りは、 たぶんこの先 このままもとの姿にはもどらないでしょう、、、、。


皆さん 床に ムク材を使用される方は 電気カーペットの使用は 考えられたほうがいいですね。 元にはもどらない状態ほどの 収縮 反りが 起こります。


まぁ 無垢材の 愛嬌でしょうか。 無垢材を使用するにあたり 覚悟はしていたが、年々 目に見えて みすぼらしくなっていく。 でも 無垢材が好き。


さて 冬場 電気カーペットで暖められて、痩せた無垢材。 その一方 電気カーペットで ぬくぬくと過ごして モノを食べて寝て していて 太った 私。 太った方も 減量に取りかかりたいと思います。


そして 自慢の 我が家を 先生に見てもらおう!


おいおい 趣旨 目的が違ってきてないかい



5年経とうが 隙間が空こうが 自慢の我が家への愛着は不思議と変わりません。皆さんにも このような 家作りを行っていただきたく お手伝い これからも頑張ります!

 

 

5c52e48b.JPG

 

 

本日は、午前中に 着工 間近の 新築住宅のお客様の土地に 地縄を張ってきました。 お隣さんも あいさつをしてきました。その ついでに お隣さんが 家を建てた時に 地盤改良はどうでしたか?と 聞いてみました。 今から建てるこちらとしても地盤の状況を把握する指標になるので。


お隣さん 曰く 自分達のが建てた時は 地盤改良をしたとの事でした。 なんか結構緩い地盤みたいですよぉ~。と 言っておられました。


、、、、、。 地盤改良、、、。 これは お客様も我々も 想定外の事になります。お客様は 余計な出費、我々としては 工程の遅れ。 あまり良いことはないですね、、、、。 あぁ 工程と段取りの組みなおしが 必要かも、、、、。



午後からは 住宅省エネリノベーションの補助金の申請方法、詳細概要の研修に行ってきました。


簡単にいうと 延べ床 25%以上の改修で 最大150万円の補助金の受付がはじまりました。 エコポイント同様 いつもの如く 予算が無くなり次第 終了みたいです。

1次募集は6月前半までの申込みたいですね。 この補助金を狙っている方は 是非このチャンスを お見逃し無く。


また 今回の補助金は、最高ランクの高性能建材商品を組み込んだ工事しか対象にならないので、基本的に 結構な高額リフォーム工事しか対象にならないとは 思いますが、高性能な建材を使い 補助金を受けて 高性能な住宅へ リノベーションするチャンスです。 この機会に是非。


僕の自宅を 新築した当初の(5年前)の最新建材商品では 補助金 非対応みたいです。残念、、、、。いつまでも新築だと思っていた 我が家も もはや 省エネ住宅ではなくなってきているという事でしょうか。 時代は すすんでますね。

 

index_img_vis_01_pc.jpg

 

 

皆さん 家を建てるときには きっと設備器具 選びに悩まれることと思います。

トイレの便器だと TOTO神話というのが あったりしますが、その他 悩まれるのが

キッチン とか ユニットバスの類だと思います。


私の立場上、各メーカーさんとは お客様のご要望により まんべんなく お付き合いをしなければならないので、中立的な立場なのですが。私も 一個人として、 家作りを行った時に、 一応 設備器具の選定をしました。


ユニットバスには 今まで TOTO製 LIXIL製(サンウェーブ時代) YAMAHA製 を使用して 暮らした事があります。 製品的にどれが 一番 使いやすいか。 う~ん。 どれも 変わらず使い易いです。


今現在 使っている TOTO製のユニットバスは クッションフロア材なので 床が柔らかく コケても痛くない、また少し暖かく感じるのは 非常に良いと思いました。


でも私の場合 実話 これでユニットバスを選んだわけではなく、一面ガラス張りにしたかったというのが目的でした。当時 ユニットバス構造で一面全開放型のサッシを組み込めるユニットバスが唯一 このメーカーだったので選びました。 そのついでに付いてきたのが その床でした。


 

 

 

00462-s2.jpg

 


特許の関係か この床。 他のメーカーさんが真似できないみたいですね。


また 最近では この床にしたいと いう声が多いのも事実です。


ただ 床の納まりが コーキング部分が多く、個人的に 将来 少々不安だなぁと 毎日使いながら 思っています。 最近出た商品なので 将来不具合がでることも 考えられますよね。 勝手な予想ですけど 他のメーカーさんよりも早めのメンテナンスが必要なんじゃないかなぁと思います。


新しい商品には長期的ビジョンが不透明という難点があります。この点に不安を感じられる方は、従来構造の床を採用されるのが賢明かと思います。



各メーカーさんの 強み特徴がありますので、設備器具の選定の際には そこを聞いて 総合的に判断下さい。


床は固いが、ゴシゴシ擦って 掃除しても傷が付かない、将来的に長持ちする床、浴槽が強みの パナソニック製の強固なユニットバスがあったり 多種多様です。




 


 

数日前までは、学生だった子たちも、今では新社会人として もう既に 働いているんでしょうね。頑張って下さい。


私の 周りの大学4年生だった子たちも、学生時代は頻繁に ツイッターなどで ○○で友達と遊んだとか 誰と飲み会だとか イロイロと つぶやいていたのに、4月 社会人になってから ツイッターの数が激減しているのを見ると、 慣れない職場や環境に 一生懸命になっているんだなぁ と感じました。 私も 当時 同じ同期として入った友人たちとは よきライバルであり 今でも 付き合いがあります。 また 中には 同期同士で 結婚して 我々の会社で 我が家を建ててくれた人も 非常に多くいます。 新社会人の人達も いい出会い、また 仕事人として自分を磨いていって下さい。


4月とは いろいろと環境変化のある季節です。


私の家も 子供が小学校に入学するので、家の使い方も少々変化させないといけなくなりました。 まずは勉強机や教科書 などを収納しておく場所が必要になってきました。


たぶん うちの子を見ていると 中学年あたりまで きっと自分の部屋で勉強は しないと思いますので、リビングに 勉強スペースを作ってやりました。 個人的には 別に 勉強なんて できてもできなくても どっちでも いいんですけど、、、。 本人が 何か目標がありそれに向けて 必要なら 副産物として勉強が付いてくるのがいいかなと思います。


後は 人を見抜く目が あれば、どちらかと言えば コレがあれば あとは あまり期待しない 笑。

 

 

12523825_866022430176653_3040242055456269427_n.jpg



リビングの窓の高さは ソファーの高さに合わせて サッシ下端がFLより650mmとして取付ました。  通常は FLより2000mmをサッシ上端とし取付ます。 私の家は低くしセットしてあります。  既製品のカラーBOXも 高さ600mm程度の品が多く これに 合わせた高さにしました。 とても綺麗にニトリなどの既製品のカラーBOXが収まります。 造作しなくても綺麗に収まりますので、安くあがりました。


リビングのデッドスペースの一角を 中学年までの勉強スペースとして作りました。


高学年になる頃には、間仕切りの無い 広い2階(現在 ドラムセット ギター アンプなどが置いてある、、、、)を リフォームしょうと考えています。ついでに 自分の書斎も作ったりしたいです。


私も 設計の際に なるべく収納をたくさん作りたいとは思いますが、それにより家の将来の可変性を失うのは 如何かと思ったり。収納は このように使い捨てできて、捨てればまた別のスペースとして使えるような感覚でも 個人的には 一理ありだと思っています。


子供部屋の 間仕切りだって 壁じゃなくてはいけないなんて決まりはないと思います。 使い捨てできる天井までの収納棚で仕切ってもいいと思います。


建てるときに 多額の金額で建てるので 将来の可変性には あまりお金をかけない設計も いいんではないでしょうか。


最近は とても温かくて、部屋の暖房も ユニットバスの暖房も つける事がなくなりまして なお更のこと 春を感じております。 ふと スマートフォンの SNSフェイスブックやツイッターをひらいても 桜ネタが 多くあがっているのを目にすると 春を感じずにはいられません。


そんな 春満開の最高の季節に ご契約を頂きました。


 

RIMG3871.JPG

お2人の 笑顔も 春満開です。


夏には 完成を目指して これより確認申請を 提出してまいります。


夏には 更なる 笑顔になることを目指して 頑張ります。

 

 


 


月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja

このアーカイブについて

このページには、2016年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年3月です。

次のアーカイブは2016年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。