2016年12月アーカイブ

本日は 年内 最後の お引渡しがありました。 

 

富山市 F様邸 です。

 

私は 社内の掃除で お引渡しには 行けなかったので、お引渡しの状況を 詳細にアップできなくて 申し訳ありません。  

 

 

新しくなった家で、お家族団欒で 正月を お過ごしください。

 

ブログで 失礼致しますが、F様 誠にありがとうございました。

 

 

IMG_0841.JPG

 

また 本年度は 本日 29日までの営業となり、年始は 1月5日より 通常営業となります。 本年度は 誠にありがとうございました。 お陰様で たくさんの 良いお客様との出会い 感謝いたします。 

 

来年度も 共栄ホームズを よろしくお願い申しあげます。

 

それでは 良いお年を

さて 年末が いよいよ近づいてきました。 子供も学校から 通知表をもらってきてました。 見てみると 数学、図工、音楽の成績が A判定 非常に良いという内容の通知表でした。 私は どちらかというと 国語の成績が良かった文系型だったのですが、自分の子供が 理系寄りなのは 意外です。

 

私の場合 文系の頭脳が無理して建築士、施工管理技士などの資格を取った為、どちらかというと 営業マン寄りの建築士って感じ なんだろうと思います。  どちらにせよ 有資格の住宅営業マンって あまり 見ないので、一石二鳥って感じです。

 

通知表を見ながら、

 

「理系で絵を描くのも好きみたいだし 建築士に向いているんじゃないか?」 

 

「パパが建築士の試験時に 使っていた製図ボードをあげようか(笑)」 などといった 話をしていました。

 

朝 なぜか蓄暖の横に置いてあった製図ボードが無くなってました。

 

 

 

さて、富山市 S様邸 再生住宅の お引渡しが行われました。

 

 

RIMG9599.JPG

 

S様邸は 施主様が 20代の時に 建てられた 立派な農業用車庫だった建物を 解体し、そこに新たに新築しようとされていた際に、相談に来られて住居に再生する 選択肢を選ばれました。

 

設計は 私ではなかったのですが、設計図を基にバトンタッチし 私が現場担当として 解体からお引渡しまで 工事担当させて頂きました。

 

お客様も 非常に 喜んでおられ 良いお引渡しとなりました。

 

床暖房も施工してありますので、暖かいお正月を お迎え下さい。

 

ありがとうございました。

 

皆様 クリスマスは、 いかがでしたでしょうか。 

 

私は 引渡し間近の現場の片付けや 集金などに 廻っておりました。 

夜は 家族で ピザでも食べに行こうと、外に出たは 良かったのですが、7時に入店したら 店員さんに「大変混雑しておりまして、9時過ぎにならないと 商品をお届けできません」 と 言われたので。 おとなしく 近所のマクドナルドで食べて帰りました。(子供はマックの方が喜んでいました)

 

IMGP6895.JPG

また 射水市では N様邸 上棟が無事 終了致しました。

 

この冬場には珍しく 天候も よく晴れてくれて、お陰様で 暗くなる前に 上棟式を 無事に終える事ができました。

 

年末年始の休業中に 雪が降ることも おおいに考えられますので、 年内にはサッシ 防水工事も 終わらせるよう 工事をすすめてまいります。

 

 

年末も近づいてきていまして、子供も 期末テストが終わりました。昨日も 早く学校が終わって帰ってきたので、近所の友達たちと 一緒に 公園へ遊びに行き(何故か 私も、、、) その後 ファボーレの映画館で 映画を娘と二人見てきました。観客は 6名。。。 平日だから、、、? なんとしても 近所 唯一の映画館なので 撤退して欲しくはないのですが、、、。田舎の現実を目の当たりにさせられました。 この先 このような現状が どんどん加速してゆくだろうと思います。 お金にならない地方都市は見捨てられる。 どうしましょ、、  自分は思ってもいませんが 利便性を求めるなら 年齢に関係なく 故郷を捨てる 心がまえも ある意味 必要なんでしょうか。  ドラマは見たことありませんが、田舎で田舎であることに文句を言うくらいなら 「逃げるは 恥だが役に立つ」なんでしょうか。

 

さ 暗い話は 終わりで

 

富山市 S様邸 再生工事。 残すは、外溝工事となりました。 クリスマスにお引渡し予定になっております。

 

S様邸は 農業用車庫 兼 倉庫だった建築物を 居住空間へと 再生いたしました。

 

農業用倉庫といえば、水が入ってこないように 住宅用基礎よりも高く設定してあるのが一般的で、 いざ 居室空間へ変えるとなると 居室までの アプローチの仕方(昇り方)がネックになってきます。 あと天井高が低くなっているのもネックになります。

 

今回も 玄関までは 風除室を設け なるべく居室までの距離を稼ぐように 設計して 何とか 違和感なく 出入りできるようにしました。 天井の低さは 既存の梁などを現す事により 勾配天井とし 高さを確保しました。

 

 

RIMG9527.JPG

中に 入ると 既存の母屋 火打ちが 見えてきている以外は 新築同様に 見えるかと思います。 筋交い、梁の増設、剛床構造とし 耐震性も確保しました。

 

 

 

富山市 S様邸 再生工事、近くの 新築現場 富山市 T様邸にも寄ってきました。こちらは 一部再生、新築といった物件です。 外壁工事が進んでおりました。 このあと リシン吹き付けて 外観は完成します。 NEO館と同じ 緑に塗装するみたいです。  重厚感ある建物になりそうです。

 

 

RIMG9544.JPG

今日は 娘のインフルエンザが無事に完治し 登校許可書を書いてもらって 学校へ登校して行きました。 授業に置いていかれていないか 親としては 少々不安がありますが。 

 

娘が完治したら 次は 奥さんが インフルエンザでダウンしています。 ワクチンを打っていない自分だけが かからないという 変な状況に なっています(笑) このまま インフルエンザにならないで、年を越せたらいいなと思っております。

 

 

来年 年始 一番に 上棟を控えております。立山町 T様邸は、天気が良かったので 基礎の立ち上がり打設しました。 プレカット図を参照し、ホールダウン アンカーを出高さを決めて埋め込んできました。

 

 

RIMG9439.JPG

 寒いかもしれませんが 来年の上棟が 楽しみです。 雪が降らなければいいなぁ~。

 

 

とうとう 富山も 雪が降ってきましたね~。 

 

 やはり朝一が寒いので 私も とうとう蓄暖のブレーカーをあげました。 なので朝一、 起きても暖かいです。また 寒さのキツい夜間は 蓄暖、ホットカーペット、エアコンを使用しているので ヌクヌク状態で 外に出るのが億劫になっています。

 

中庭のある自宅は 小さい家なので蓄暖1台とエアコン1台で、

2階以外は 23度キープの全館暖房状態なので、家の中で ヒートショックは 起こらないですが、玄関先で ヒートショックになりそうです(笑)

 

 

今日は 打ち合わせで 富山市 T様邸の現場へ 伺ってきました。

 

T様邸 建築現場の 屋根は 立派に雪化粧しております。

 

RIMG9407.JPG

高気密高断熱プレウォール工法、APWオール樹脂サッシで武装した家でも、やはり無暖房状態では さすがに 寒いですね。(外壁もまだで 工事途中なので 隙間だらけなのもありますけど)

 

今日は 年末年始にさしかかり お客様との年内最後の 打ち合わせでした。 年始早々 お客様も 忙しい時期に 打ち合わせの時間をとっていただかなくて済むように しっかりと 1月半ばまで このまま工事が進めるよう 打ち合わせをしてきました。

 

2月下旬完成予定です。 完成が 楽しみです。

 

 

 

 

 

氷見の寒ブリ 宣言が ありましたね。 私もニュースで見て 仕事後 早速スーパーへ買いに行きました。 近所のスーパーで手に入るなんて 富山県ならでわ なんですかね?  閉店間際だったので 2割引でした。その分 時間が経って 結構 生臭かったですが、、、。  でも 部位によっては 油がのっていて 美味しかったです。 これぞ 氷見の寒ブリ。ごちそうさまでした。

 

 

さて、 射水市 N様邸 新築工事における 基礎の配筋検査がありました。 一応 私も自分で団体検査員の資格は持っているのですが、自分が施工管理者だった場合、 第三者に見て検査 判断してもらったほうが より安全ですよね。 僕も お客さんの立場 だったら 自作自演の検査じゃなくて、それを望むと思います、、、。

 

 

IMGP6783.JPG

基礎の配筋も基礎伏図通りに施工されており、かぶり厚も問題なく このままコンクリート打設へと 進みます。

 

年内 上棟を 目前としております。 この N様邸が 共栄ホームズ 年内最後の上棟物件となります。

 

 

 

本年度の 2級建築士の合格発表が ありましたね。 合格された方 おめでとうございます!! 

 

私自身も含め、1級建築士と違って 2級建築士って 「足の裏の米粒」と 言われがちな 、難易度も低くない割に持っていても 自慢できる訳ではない 国家資格ですが。 でも 持ってないより 断然持っている方が 良いに決まってます。 

 

建築士免許を持ってないと 建築士の補佐としての設計はできますが、いくら知識、経験が あっても その人の設計の家として 国などの公に認めてもらえませんし、建物を建てる 申請もできません。 

 

家を設計する為の最低限の資格。まぁ こんな感じです。 

 

インターネットの時代で 情報が氾濫し、半プロ素人が ウヨウヨいるこのご時世。 なおの事 このような 国家資格って大事だと 個人的には思っています。

 

 

 

さて 最近は 晴れ間が続き 外溝工事が はかどりました。

 

八尾町 N様邸も 引渡しが終わりましたが、追加で外溝工事(カーポート等)を 頂きました。 ありがとうございます。 一般的には 家は建築屋、庭は庭屋という形が多いのですが、一括して お任せいただきまして 誠にありがとうございます。

 

これも 建物の 工事中に 信頼を得れた結果かと 思っております。

 

RIMG9204.JPG

ちょうど 外溝工事が終わった途端に 寒くなり小雨が降っています。 運にも恵まれました。

ベーシックインカムなどの話が 話題にでてくると、日本経済も変わってきているなぁ~ と感じずにはおれません。

 

当たり前の様に 言われた事だけを 忠実に仕事をこなすだけでは、水準以下の生活を しいられる時代のはじまりです。 100パーセントのことを95パーセントの水準でこなす日本人の得意な「まじめ」だけでは、なかなか 認められないし 生活向上は見込めないようです。 今や 労働賃金の安い他国に仕事を発注しても100パーセントを85パーセントでこなしてくる時代です。  厳しいですね。 日本は 「働く」ということを 考え直さないといけませんね。 仕事に年齢は関係なく無能は切り捨てか低水準の賃金、無駄な残業よりも結果と成長を の時代なんかな。

 

 

話がそれましたが、今日は 射水市 S様邸 再生工事へ 伺ってきました。現在は、基礎再生工事と 大工工事が平行して行われております。

 

 RIMG9157.JPG

 大きな 母屋を 利用してインナーガレージ仕様に 再生します。

 

 

 RIMG9180.JPG

 

柱は 基本4寸以上のものが使用されています。 当時の 大工さんの仕事大変だったでしょう。見るだけでも 苦労が想像できます。 今は プレカットされてきたものを トルクレンチで締めるだけですもんね。 建築法が整備される前の時代で 決まりがなかった時代に、誠意ある しっかりしてある仕事を見ると。

 

大工さん脱帽です。

 

このような 誠意ある日本人の仕事も 時代の流れに飲まれてゆくのを見ていると 少々 寂しい気もしますが。

 

 

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja

このアーカイブについて

このページには、2016年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年11月です。

次のアーカイブは2017年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。