2017年5月アーカイブ

富山市 A様邸です。

 

基礎工事 完了いたしました。  最近 とても 天気が良くて 基礎工事も かなり 順調にゆきました。

 

明日から 大工さんが 入られますので、現場の片付けと プレカット図面と基礎の 5度目の照らし合わせをしてきました。

 

建物における大事な構造部の為、確認に確認を重ねております。

 

まったくのズレもなく 建物が のっかりそうです。 OKです。

 

個人的な 感覚かもしれませんが、雨水経路、配管経路の検討の末GLラインの設定に、この基礎工事中が 一番 気になって眠れません。

 

でも これで安心 無事 上棟を迎えられそうです。

 

IMGP3125.JPG

 

土台を敷き終わり、足場を組んで、

 

いよいよ 上棟です。

 

 

この 基礎に どのような建物がのるかというと。

 

 

A様邸 外観.jpg

この 建物が 6月頭に 屋根まで完成予定です。

 

上棟が終わりましたら また 実物写真を アップしたいと思います。

 

 

 

富山市の 新築物件です。 

 

大工工事も だいぶ進みました。

 

DSC01567.JPG

 

天井は 終わり、現在 内部建具枠を 取り付けています。建具枠の 終わった所から 壁を張り進んでおります。

 

リビングの天井は、水蒸気の上がるキッチン上部以外は すべて 無垢のタモ材が張ってあります。

 

大型サッシの外側のデッキテラスの外部天井も 無垢のタモ材が使われております。

 

DSC01575.JPG

 

ユニットバスも組み込み終わりました。

 

DSC01572.JPG

ユニットバスの壁面パネルも 木目調で 明るい感じで いいでしょ?

 

DSC01573.JPG

当社の 物件で よく見かける、ユニットバスから出られる 直通のテラスデッキがあります。

 

 

2世帯住宅で 親世帯では 無垢材が ふんだんに使われております。

 

DSC01576.JPG

親世帯は、玄関から 床、壁、天井 オール無垢材使用です。 香りも良いです。 これは ヒノキですね。

 DSC01577.JPG

寝室。これは 床、壁、天井 オール杉張りですね。

 

しつこいくらいに 木 木 木(笑)。

 

親世帯は すべて無垢材と塗り壁で仕上げ。 すべて天然素材で作り上げてゆきます。

 

まだ 途中段階ですが、気を引き締めて 工事を邁進してゆきます。

 

 

 

 

外壁の吹付け 工事が 行われていた、富山市の 物件ですが。

 

吹付け工事も 終わり、足場がバレました。

 

これより 内装工事へと 入ってゆきます。

 

 

 

 

DSC01565.JPG

野の出が 1,200mm あるので、化粧の軒裏も 綺麗に見えます。

 

この建物、完成した際には 施主様が住まれる前まで しばらく 見学会も 行う予定なので、是非 ご来場 下さい。

 

基礎高1メートルの基礎断熱仕様で 床下エアコンの家です。

 

冬暖かく 夏涼しい家です。 それ 普通か、、。

 

他にも 、ヒノキ風呂+ヒノキテラス、や 超大型バルコニーテラスなど 見所 満載なので 是非 ご来場下さい。

 

 

 

船井総合研究所が主催の 戸建リノベーションビジネスのセミナーが 大阪で開催されました。

 

その講師として、当社の社長が 参加しました。

 


全国の 工務店、建設会社、リフォーム会社に チラシが配られ,

 

富山でも このチラシを 目にした経営者さんや、上層部の方もおられるのではないでしょうか?

 

赤文字の入った かなり派手な チラシで これは聞かないとな!と 思う見出しもたくさん 記載されています。

 

話す 社長の方からしても 船井総合研究所に ハードルを上げられた感じですね。

 

 

私も 大阪へ行ってセミナーへ出たわけではないので 内容は 触れれないのですが、 気になる方は  次回 5月26日(金) 東京で 再度このセミナーが開催されるので、参加してみて下さい。

 

大型リノベーション、古民家再生などの分野に 弱いと感じておられる住宅会社さんは 聞いてみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

新幹線のお陰で 大阪と違い 富山から東京は だいぶ行き易くなったと思うので 東京まで 足を運ばれるのも いいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

本日は 富山市にて 地鎮祭が 執り行われました。

 

地鎮祭の 単純な 準備をしているだけで、暑くなり 夏の到来が近い事を 感じずにはいられません。 気温が31度だったんですってね。。。

 

RIMG2445.JPG

無事に 地鎮祭を 終えることができました。

 

確認申請は 既に おりているので、早速 工事へ かかりたいと思っております。

 

よろしく お願い致します。

 

 

 

 

また 射水市では 再生住宅の お引渡しがありました。

 

こちらの建物は 富山県の耐震化改修バスツアーなど 被災地 東北からの視察があったりと 当社に たくさんのご協力を頂いた お施主様と建物です。

 

お引き渡しでは、想像以上の出来で 感激しております。との ありがたい言葉も頂き。 非常に 良い お引き渡しとなりました。

 

 

 

RIMG2276.JPG

 RIMG2275.JPG

 

 

 

 

1.jpg 

 

 

誠に ありがとうございました。

 

RIMG2327.JPG

 

梁の見える でっかいサンルームです。 豪華ですね。

 

ヒノキ張りの お風呂が 出来上がってきました。

 

18581714_451816781819916_1335469741783742096_n[1].jpg

 

見た目だけで いうと、床もタイルにしたり。浴槽もヒノキにしたり したら 良いのでしょうけど。 それだと メンテナンス的に あまりにも現実離れした お金持ち用なので、 当社の提案しているのは ハーフユニットタイプです。  

 

水が落ちる下部分は 普通のユニットバスと 同じで、壁の一部と天井に ヒノキが張ってあります。 これだと まだ メンテナンスは 楽な方だと 思います。

 

 

ここのお宅は、このヒノキ風呂で 暑くなって 火照った体を冷やすのに 浴室から、すぐ横のヒノキ張りのテラスへ出れます。

 

18556138_451816785153249_6780277128690660227_n[1].jpg

こんな感じの バルコニー型のテラスになっています。

 

ものすごい  ヒノキの香りが充満しています。

 

 

写真が下手で 良さがあまり伝わりませんが、 完成が楽しみです。

 

建築士の仕事

| コメント(0) | トラックバック(0)

「建築士」 って いうと、建物の設計 や 営業マンがお客様からヒヤリングしてきた間取りや建物が 建築法上 問題がないかチェックする 建築基準法のスペシャリスト というイメージが あるかと思います。

 

言いかえると、辞書を片手に、机の上で仕事をしている 図面の お絵書きさん?

 

また 職人さんからしたら 建築士って 現場監督をする人も多いことから やたら指図してくる うるさい人。 って イメージ。

 

 

組織化されている 会社では 今も こうなので、あながち間違っては いないような気がしますが、、、。

 

 

私自身も 一人の「建築士」として 今の時代 少し違うんだよ~ っていう事を このブログで言いたいです。

 

 

今日は、週末に 地鎮祭を予定しております。婦中町の現地の 草刈に行ってきました。 こちらの お客様は、モデルハウスの案内、営業活動から契約まで 行わせていただきました。 これも 建築士としての お仕事です。

 

 

また お客様が 綺麗な状態の土地で 地鎮祭を行ってもらう為の 下準備(草刈り)。 また 職人さんが 気持ちよく 仕事に入れる様に 下準備をする。 これも 立派な建築士としての 現場管理 仕事の ひとつです。

 

 

 RIMG2264.JPG

 

春で 気候が良いので、既に 草ボーボーです。 

お客様から はじめて 図面の依頼を受けたのが 冬で まだ 大量の雪が 積もっていました。 で 今 草 ボーボーです。

 

 

 RIMG2267.JPG

2時間後、顔が死んでますね(笑)

 

この 後 少し休憩して 1時間かけて 綺麗にしました。

 

ヘビ や 大きなカエルにも 出会いました。

 

 

少子化で働き手が少なくなり、日本経済の収縮する中 昔と変わらない様な 働き方では スキルアップにもならないし、給料だって あがっていかないでしょうね。

 

日本経済について、賃金があがらないとか 経営者や国などが 悪くいわれがちですが、働き手にも かなり大きな原因があるような気がしてなりません。

 

 

 

 

 

 

最近は 天候が とても良くて 外部仕事が はかどります。

 

ということで 富山市の新築工事の 外壁の塗装、軒裏塗装 も 完了致しました。

 

なかなか いい色 と 凹凸が出たので。 アップします。

 

 

DSC01559.JPG

 

共栄ホームズで よく使われる 共栄グリーンという色 と 茶色の2色使いの 外観です。 なかなか 良いですね。 今まで たくさんの 外壁を 扱ってきたのですが、この 2色が 一番 汚れが目立ちにくいということで 多くの建物に採用している 共栄グリーンです。

 IMG_1987.JPG

外壁は 汚れるモノ、これは もう雨ざらしの外部なので どうしようもできない事です。 外壁の汚れ劣化が どうしても気になる方は 建物を 袋で梱包する他 ないですが、現実的に無理です。 

 

光触媒の汚れにくい外壁、汚れが落ちやすい外壁なども 一時期 流行りありましたが、あれも全然 駄目でしたね。。。過去に メーカーの強い薦めで モデルハウスで試験的に使ってみたら 年数が経てば コーティング効果もなくなり 見事に酷い有様でしたね。 なら コーティングの塗りなおし? もう そんなレベルの劣化では ありませんでした。 初期投資が高くかかり、メンテにも短期間周期に お金がかかる 最悪な状態でした。

 

 

いかに汚れが目立たないか、またメンテもやり易いか、 気になる方は これが 得策かも。

 

 

DSC01563.JPG

 

この建物の形は 洋風ですが、仕上げで和風を入れてあげると なんともいえない和洋折衷感がでています。

 

DSC01562.JPG

 

 

なんだかんだで 今 建築中のモデルハウスも この色(共栄グリーン)に なりそうな感じですね

 

 

 

 

IMG_2000.JPG

 

ほんと いい質感ですね。

 

 

IMG_1999.JPG

本日は ゴールデンウィーク明け 最初の 週末ということで、長い休みから仕事への 生活習慣の切り替えで 非常に疲れた1週間だったという声も多く耳にしますので、今日 明日は、 「家」で ゆっくり過ごされておられる方も 多いのではないでしょうか。

 

 

そのような 「家」つくりを 求められ、 本日 再生住宅、新築住宅、1棟ずつ 計2棟の ご契約がありました。 

 

お疲れの中、わざわざ 当社まで お越しいただき まことに ありがとうございます。

 

 

 

 K様邸 パース図.jpg

 

新築物件の 完成パース図です。 外観は、シンプルで機能的で 塗装壁の 質感の良い 建物になる予定です。間取りも 非常に使い勝手が良く 施主様こだわりの 造作家具で彩られます。 

 

 

saisei tsamatei.jpg

 

再生の完成外観パースです。 今回 2階は増築しますが 再生は、 もとあった建物構造体を利用しますので、やはり建物が 大きいですね。迫力があります。大きい 建物の為 間取りの使い勝手は申し分ありません。贅沢に 利用されておられます。

 

これより 工事スタートです。 

今日は とても 暖かい日です。 というか 暑いです。 

 

程よい 暑さと 心地よい風で 作業は やり易かったです。

 

丁張りの 作業をしてきたのですが、汗だくになりました。  

 

現場の向かいで 仮住まいをされておられる 施主様からの差し入れ ありがとうございました。

 

 

RIMG2232.JPG

 

建物の直角も 狂い無く出すことができ これで一安心です。

 

この後は 基礎の配筋検査が行われ、無事に配筋検査も合格となればコンクリートを打設して完成です。

 

基礎が出来れば、あとは上棟です。

 

もうすこしです、がんばりましょう。

 

 

 

さて 帰ってから、5月末 着工の  婦中町の 新築の確認申請を作成します。 来週月曜には 提出できるように 書類一式 揃えないと。

 

 

ゴールデンウィーク皆様は どこか でかけられましたでしょうか?

 

 

私は 富山から出ず、基本 おとなしく過ごしていました。

 

出かけたといえば、子供を連れて 魚津水族館に行ってきました。

 

私は 魚を見るといいますか、楽しそうにしている 子供の姿をみている方が 楽しかったですね。

 

 

また 水族館の駐車場で 県外ナンバーのお父さん同士が 大声で怒鳴り合いのケンカをしていたり、、、。 人が多いと こわいですね。

 

 

18403379_1176012245844335_6839125525227029622_n[1].jpg

早く 前歯生えてこないかなぁ~。 なんて 写真を撮る度に 思ったり。

 

 

 

長期休暇で 気候も とても温かかったので、冬場に使っていた 炬燵 や 電気カーペットを片付けました。

 

冬場に 暖められて ぽっかりと隙間の空いた 無垢材フローリングの間に溜まった ゴミなどを掃除したりしていました。

 

カーペットや炬燵を片付けて、床が 現われる この時期になると 毎年の事ですが、 無垢フローリングを選択したことを 少々後悔しますが、あの肌触りや質感は 他に 変えられません。 という事で 納得しております。

 

木の収縮が 嫌だったので、硬木を使用したのですが 駄目だったみたいですね。

 

でも 今度 張り替える時も 無垢材にしちゃうんでしょうね(笑)。

 

 

コインランドリーにも通い、こたつ布団、夏用カーぺットなども洗濯してきましたが、 意外にたくさんの人が来ていて びっくりしました。

 

 

お陰様で ゆっくりと 過ごさせて頂きました。

 

 

さて 職人さんも 現場へ戻ってこられて、工事も再開しました。

 

頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

GW前の 現場確認

| コメント(0) | トラックバック(0)

富山市の工事途中 現場です。

 

DSC01545.JPG

大型の樹脂サッシが取り付けられました。 また 床暖房も施工完了しました。 設計の際に プレカット(構造体)と 綿密に計算して作った オーダーサッシです。 予定通り 取り付けられて良かったです。

 

あとは サッシのアングルに無垢柱を建てこんで リビングの壁、天井は完成します。

 

全展望の開放的な リビングは 開放感が ありますね。

 

リビングの内部天井と外部天井との一体感が より 開放感を演出してます。 ウッドデッキもこの後 取り付けるので、床の一体感も 相まって より開放感がでると 思います。

 

完成が楽しみです。

 

 

 

 

次の現場です。

 

こちらも 富山市の現場です。

 

こちらの現場は 玄関までの アプローチがひとつの見せ場です。

 

外壁は これから 緑に 吹き付け塗装予定です。

 

 

DSC01550.JPG

杉板張りの 間接照明で彩る アプローチ回路 入り口です。 あくまでここは外部です。

 

天井に間接照明を組み込んで 妖艶に 夜帰宅した人たちの 足元を 照らし出します。

 DSC01553.JPG

さらに アプローチを進むと 庭を望む 大型サッシの入ったテラスが アプローチの途中に現れます。 外の 庭を仕上げれば 良いものになると思います。

 

 

この先を さらに進むと やっと 玄関ドアがあります。

 

 

とても 風情のある アプローチです。 

 

こちらも 完成が楽しみです。

 

 

ツイッターなどを見ていると もう ゴールデンウィークという方も おられるみたいですね。  皆様は いかが過ごされますでしょうか?

 

 

高岡市 T様邸 の再生工事における 解体工事がスタートしました。

 

この工事がはじまるまでは、施主様も 多くあったゴミを自らの手で処分場まで運ばれたり、貸家への引越しと 大変お疲れ様でございました。

 

そのお陰をもって 解体工事へと 入らせて頂きました。 

 

 

 

 

RIMG2123.JPG

 

古い建物の 解体をすすめてゆくと あまりよくない部分が目に付くことが多いのですが、T様邸には しっかりと 考えられて 体力壁なども配置されており、骨組みも比較的しっかりとしている ように思えます。

 

 

これらが さらに良い性能を持つ家へ これより再生してまいります。 よろしくお願い致します。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja

このアーカイブについて

このページには、2017年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年4月です。

次のアーカイブは2017年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。