2018年2月アーカイブ

役所 廻り

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は 天気が良いです。 

 

射水市 歌の森ヒルズでは 土台敷が 行われております。

 rfcdca.JPG

 

そんな中、私は 役所を転々としておりました。 

 

富山市~ 旧大沢野役場 などなど

 

新築工事の依頼が 1物件あるのですが、そこの建築予定地が 市街化調整区域 かつ 前面道路が3メートルあるかないかの狭い道 という 条件だったので、施主様の希望する家が 果たして建てれるか どうか? お客様へ 確実な返事するために 最終確認事項のためです。

 

 

簡単に説明すると 「市街化調整区域」とは、文字通り 市街化になるのを抑制する地域の事です。 田んぼ や 畑 または自然を 潰さないで 残すための地域です。 農地がなくなれば 食べ物が作れませんから。

 frehthgfdczsdj.jpg

法律上 市街化調整区域に 家をたてるのは、基本的に不可能です。

 

また 基本 道路は、4メートル道路に 2メーター敷地と接する事が必要です。

 

特例として、農家を営む人の家の建替え、その農家の子供の分家住宅などに限って農地を除外 転用して 敷地を開発し 新たに家が建築が可能だったりします。

 

その他 様々な 特例が用意されていて、その特例に この敷地が各当するかどうか の 確認をしてきます。

 

建築士の資格をもっている人なら、ある程度 その土地に建築可能か どうかの判断をし申請はできるのですが、100パーセント の確証を得るには、やはり役所の確認 や 登記簿謄本での敷地の状態、道路課での確認 が必要不可欠です。

 

 

今回の お客様の物件は 当初 これでいけるだろう と思っていた事が 意外にも無理だということが解り。。。  別の手で 許可を おろす事となりました。

 

さて 具体的に申請書類を作成するには、建物の図面が必要になってきますので、これから お客様のご要望を固めて 間取り、図面作成にとりかかります。

 

 

 

 

 

今日の ブログは 家に関係ありません。 たまには いいでしょう(笑)

 

 

最近  奥さん や 子供に 責め立てられる事が あります。 内容的に 結論からいうと  「猫を飼いたい」。。。

 

illustrain02-cat28[1].png

 

そーいえば 最近 TVで 猫をよく目にします。流行なんでしょうか? エキゾチックショートヘアとか マンチカンとか 

 

ちなみに 私も 猫が大好きで、モノ心付いた時から 社会人になり自分で家を建てるまで ずっと猫と(犬とも) 過ごしてきました(歴代4匹の猫ちゃん)。楽しいこともたくさん経験しましたし。 もちろん 飼っていた猫が亡くなり、泣いたことも ありますし、病気になり 辛い闘病生活も目にしました。

 

奥さん と 子供は ペットとの生活は 未経験なんですよね。

 

 

ペット生活の数々の経験から、 自分の家を建てたら 絶対 ペットは飼わないと 決めていました。

 

理由としては、やっぱり 床や壁の傷の数々や 汚れ、や 臭い(住んでいる人は気づいてない)です。 これは 現住宅用建材でカバーしきれないのが現実です。(家の中 全部 タイルにするわけには いかないでしょうし。家ぜんぶ珪藻土やエコカラットにしても 石膏ボードに上に貼るペラペラなモノなので、クロスよりはマシという機能性上、 焼け石に水でしょうし。) 

 

しかし ペットはこれ以上の癒しを 我々に 与えてくれるのも事実。

 

と いうわけで、僕は、自宅を設計し 、建築士として メンテナンスをして 家を綺麗に長く住み続ける決意を固めていた訳ではありますが、、、

 

最近(ここ1年間くらい)は 休日に なれば、奥さんと 子供に ペットショップへ 連れて行かれます。。。。 

 

ファボーレに行けば、ペットショップ。

イオンに行けば、隣のカーマのペットショップ。

夕食の買出しにアルビスに行けば 1階の ペットショップ。

ムサシに行けば、ペットショップ。

ニトリに行けば、ムサシのペットショップ。

 

たぶん 私が 実話 猫好きだと 知ってのことでしょう。

 

猫の実物を見せて 無言の説得なんでしょうね。

 

家を建てて 早6~7年でしょうか。

 

家を建てた時は、「ペットを飼うなら 俺が死んでからにしてくれ!」と 豪語していた 私。。。

 

とうとう 猫を飼う日がくるのでしょうか。

 

 

決意の 心が折れそうな 今日この頃。

 

猫を飼うようになれば 新たな設計思案が 生まれたりするのかな?

 

 

綺麗に使っているつもりの家も だいぶ子供にも痛めつけられたことだし。。

万が一 猫を飼うような 事に なれば また ご報告します。。。。

 

 

 

 

これで 雪も 降り収めですかね? そうだと いいなぁ と 思う感じです。

 

近々 4棟の 上棟を控えているので 雪は もう勘弁してほしいです。

 

現場へ向かう道中も、大雪の際は ガタガタでしたが 今日は、 非常に 行きやすくて 良いです。

 

 

今日は 造作家具の打ち合わせで 家具屋さん 大工さんを 交えて 打ち合わせをしてきました。 熱帯魚の水槽を組み込んだ家具なので綿密な打ち合わせが 前もって必要でした。 本当は換気ダクトの件で電気屋さんも来て欲しかったのですが、インフルエンザでは 仕方がありません。。

  

高岡市のT様邸の 屋根、屋根裏の工事も終わり、外壁工事へと進んでいっております。

 

 RIMG2323.JPG

外壁は 無塗装サィデングに 吹き付け塗装をする工事になります。 色は これから 施主様と打ち合わせさせて頂きます。

 

RIMG2317.JPG

ウッドデッキテラスの下屋根の写真です。 化粧柱や梁に 塗装を施せば しっくりくるかと思います。

 

 

RIMG2309.JPG

開放的な LDKは、現在フロアを貼っております。タモ材を貼っていて 凄く良い雰囲気だったので ブログにアップしょうと思って シャッターを切ったのですが、、、、 なんじゃ この写真。。。。 全然 解りません。。。 写真の下手さに 愕然としました。

 

 RIMG2312.JPG

今度は しっかりと 写真を撮ってきたいと思います。。

 

 

でわ また 現場を 順調に すすめてまいります。

 

 

RIMG2326.JPG

本日は 滑川市 K様邸 地鎮祭を 滞りなく 執り行わせて頂きました。

 

RIMG2815.JPG

 

また 寒波到来という 建築業界にとって 最悪なニュースが 飛び込んでまいりましたが、ニュースとは うって変わって 地鎮祭の最中には 雪が止んで 晴れ間すら顔をのぞかせました。

 

写真でも お分かりのように 地盤面には、夜のうちに降った雪が 積もっておりますが、 神主様も 外で 清めの儀式も 行えております。

 

RIMG2813.JPG

 

これも ひとえに施主様の日ごろの行い、人柄の良いところが 天候にも幸いしたと 思っております。

 

本日は おめでとうございました。

これより 工事スタートです。

 

去年より 農振除外から農地転用、開発許可の申請を 進めておりました。

 

婦中町 M様邸も 無事に 年が明けて 許可の目処が立ち いよいよ工事がはじまります。

 

と 思い 現地に足を運んだことろ やはり最近の雪で 既に雪の造成地になっておりました。。。。

 

 

RIMG3369.JPG

除雪からの 工事スタートです。

 

お客様としても 農振除外からの申請だったので、長らくお待ち頂き、待ちに待った 着工です。 

 

これから 造成からの完了検査、建物申請 などのいくつかのハードルがあるので 夏場中には なんとか 建物完成させたいです。 

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja

このアーカイブについて

このページには、2018年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。