富山市 H様邸 再生工事 解体第一段階完了

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は 現在 再生工事における 解体工事中の、富山市 H様邸 再生工事の現場へ行ってきました。

 

H様邸は、減築再生住宅です。減築部分は 新築でガレージを建てます。母屋の厳かな雰囲気に合う ガレージを設計しないといけません。

 

さて、

 

週末に 足場を組んで、その後 週明けから 大工さん 基礎屋さんが 仕事に入ってきますので、仕事ができる環境まで 解体が終わっているかの確認です。 

 

RIMG3901.JPG

 

来週からは 大工さん 基礎屋さんが 建物を修正、補強しながらの、解体の第二期工事がはじまります。

 

このような工程は 新築住宅では まずありえない工程です。再生工事ならでわ と 思います。 新築では 職人さん達が なるべく重ならないようにスムーズに現場をすすめるのが基本ですが、再生住宅では 各技術者の連携が必要です。

 

建物の補強が 終わったところで、瓦の工事がスタートします。裸になり構造的に弱った建物に瓦をのせるのは得策ではないです。

 

座敷など 一部の建物は既存の姿を残すので 雨の侵入を許すことはできないので、晴れ間をみて 一気に屋根工事を仕上げないといけません。

 

 

これらの連携作業は、慣れている当社の現場員さん 大工さん 職人さんたち だからこそ 出きる仕事です。 

 

 

私の方は、現場の段取りをやってきて やっとここまできたか~ といった感じです。基礎工事や建物の補強修正が終われば、仕上げ工事になるので その工程が楽しみでなりません。 気合入りまくりです!

 

玄関を入った 一発目の光景で まず 来客者を 圧倒させようと 思っていますので 乞うご期待下さい。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyoeihomes.com/mt/mt-tb.cgi/3591

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja

このブログ記事について

このページは、管理者が2018年3月30日 16:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「婦中町 S様邸 丁張り 」です。

次のブログ記事は「高岡市 T様邸 内装、外装工事完了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。