2009年11月アーカイブ

 婦中町 塚原 E様邸 新築工事です。婦中町 萩島 T様邸と同日に内見会を 予定しておりますので E様邸の工事も 同じく最終段階です。今日はエアコン、蓄熱式暖房機の取り付けなど を行っており、午後からは、確認申請の 完了検査が 行われました。無事に第三機関からの 建物の工事完了検査も 通り。建物に関しての 工事は 一段落しました。
 後は ウッドデッキなどの、外溝工事に 入っていきます。

--------
 婦中町 萩島 T様邸 新築工事。内見会も 来月に 控えているため 工事も 最終段階に きております。クロス工事は 無事に 施主様が 選ばれた品番通りに 貼り終わりました。なかなかいい感じでした施主様は20代ということなので、奇抜なクロスを 選ばれるかと思っておりましたが、シンプルであり センスも感じさせる チョイスをされております。
 なお現在の工事は
  照明器具を 取り付けております。T様邸には 大きな吹き抜けが あるため 吹き抜け部分の 照明、シーリングファン取り付けが 大変です。

写真の様に リビングの上には 2階の廊下が走っています。360度吹き抜けに囲まれた 空中廊下となっております。2階廊下には 強化ガラスの床、手摺り壁の部分には 木製の格子と 光、風を 通す 作りになっております。フルオーダーならではの おもしろい作りです 詳しい内観については 内見会で 見てみてください。
 
--------
 滑川市 M様邸 再生工事の 外観の イメージが できました。M様とも メールにて 「家」にたいする思いを イメージ画像などで 頂いておりました。M様の再生住宅への思いは 和風テイストを 残しつつ 古く感じさせない「家」 という思いを 持っておられる感じをうけました。何パターンかの 外観イメージを 作らせて頂きました。その中でも一番 遊びを取り入れたイメージパースを 載せさせて頂きます。
 和風イメージを保ちながら、インナーガレージを組み込み。以前に増築をされてまして、まるで2つの建物が無理やり くっついて 建ててあるように見えたので(階段も2ヶ所ありました)、2階の一部を増築し 屋根を引っ張りだして繋げ 一体感をもたせました。2世帯住宅の為、1階2階ともに水廻りを もってきております。
--------
 Kホームズ のキッズルーム工事ですが、解体着工から 約1週間経ちました。         
 木工事も進み 階段、仕上げ材などが 付きまじめました今日で 大工工事は 終了予定です。 あとは クロス工事や畳、内部建具などを入れて 完了となります 今月には 完成予定に しておりますので、子供様連れのお客様には 是非とも 使用していただきたく思っております

なにも 無かった 倉庫が だんだんと工事が進み、、 1週間後、、 一番右写真の 様な 2階建ての 建物が 形を現しました

1階の室内はこんな感じです、温かみのある木張りの腰板がポイントです。この後  色違いの畳が交互に 入ります。また共栄ホームズの社員駐車場に隣接する坪庭も 下窓から 覗く事が できます。子供さんたちに 日本の 良き風情を庭を見て味わっていただけます。
 2階は、梁をわざと見せた 勾配天井の作りにしております。1階は キッズルームとして 2階は 休憩所として 使用します。
今度は 完成した 写真を 載せたいと思っております。
--------
  今日は 富山市 藤の木園町 T様邸 へ洗面化粧台の 取り換えへ 出かけましたこの藤の木の中古住宅を購入されて 少しずつ出直ししてから 入居となるそうです。見た感じ 再生しがいの ありそうな 立派な家でした。真壁つくりの 和室 床の間 なども あり 良い感じでした。 ともあれ 依頼内容は 洗面化粧台の入れ替えの為 現場へ向かいました。洗面化粧台の入れ替えには、 新規に付ける化粧台に 合わせて 配管をズラす必要があります。なお 壁に 化粧台を固定するために 壁に下地が必要になります。もちろん 配管 取り付け穴をイジる為 床、壁の補修も 必要になります。
 そうこうしていると 工事的には 2~3時間 半日は かかってしまいます。 T様邸の場合 配管の位置が 多少の移動、加工で済ましたので2時間ほどで お陰さまで無事に取り付けは 完了しました。T様には できるだけ安くということで言われましたので お値段的に本体、工事費込¥49800 で お願いします。
--------
 11月23日() は 勤労感謝の日で 休みでした 天気も 晴れていましたので、 午前中は 落ち葉掃きも 地面が乾いていて スムーズに 仕事が進みました。午後からは わざわざ 黒部市 の方から 知人(Yさん)が 私の家へ 遊びに来ていました  Yさんも私も お互い 新婚です。 Yさんも 最近 新築された 新しい家で 暮らしております。残念ながら 共栄ホームズの 物件ではないのですが、、 自分の家を 建てたばかりの時は 私もそうでしたが 他人や 友人の家は気になるものです。Yさんも 「せっかく来たから すこし見せてー」と 私の家を 見て回りました 「どこで建てたのー?」→「もちろん 自分の会社の 共栄ホームズだよ」 「いくらしたのー?」→「○○○○万円だよー」  内見会を 思い出させる 質問を いくつか されました。 
 Yさんの奥さんは 「どうして 同じくらいの坪数、同じくらいの値段で こんなに 広く 明るくて 豪華に 見えるんだろう、もっと ちゃんと業者などをいろいろ回って調べて建ててもらえばよかったー」 その言葉に旦那さんは 不満そうでした その 少し雲行きが怪しいムードに いろいろと 私なりに フォローしました。
 逆の立場に なって 考えてみると、共栄ホームズで 建てたお客様には、決して言って欲しくない 言葉だなぁ と 強く思いました。万人受けされる家 というより その客様 お客様 一人一人が 心底満足される家作りを 心がけております。 内見会を 行っても 家の好みとは 十人十色の為、完全に満足する 家などは なかなか見つからないと思いますが、 内見会で 公開されている「家」とは その施主様にとっては 世界で最高の「家」なのです。
 私は 正直 自分の家を 誉められて 嬉しかったのと 同時に Yさんの奥さんの自分の家へ対する思いを 聞いて 少し寂しく思いました。私は自分の家が 好きですから
--------

 
2010年 着工 予定 S様邸

2010年 着工予定 大沢野 T様邸

2010年 着工 予定 ひかりのもり S様邸


などなど  今年も寒くなり 終わりを迎えようとしておりますが、 新しい来年度も 共栄ホームズを よろしくお願い致します。

 Kホームズ キッズルーム工事ですが、だんだんと 形を 表してきております。外壁工事、サッシ工事、も終了し、現在大工さんによる 断熱工事、木工事 作業中です。 畳などは 琉球畳の色違いを 交互に はめ込むことが 本日 話し合いの末 決定しました。今月中には 完成予定で 子供は もちろん 大人の方も 遊んでもらっても結構ですので また 見に来てください。 

注意:この物件は 内見会は行いません。随時見学可能。
--------

 大山町 S様、H様邸 再生工事。12月5日()、6日()の 再生完成内見会に向けて 工事も 最終段階へと 進んでおります。 現在 クロス工事の 真っ最中です、確認申請の完了検査に 向けて 頑張っております。第三者の 完了検査を受けて はじめて完成となります。
 吹き抜けの手摺りなども既製品は 使用しないで、温かみのある木製の 手作りの手摺りを付けました。作り的には 壁面に木の板に ハチの巣の模様に 穴を開け、枠で囲みました。言えば オーダー住宅ならではの 他に二つとない 手摺りです。 これに 塗装をして さらに お洒落でかつ個性のある 住宅部品として 造作される予定です。

寝室の天井には 溝が掘ってあるかのような 段差のある形状になっております(下の写真)。この溝に見える部分に 照明器具を入れて 既存(以前使用されていた) 障子戸を再生して 溝の部分に被せて 間接照明 の演出を こころみておりますが、まだ どうなるか わかりません。天井を白のクロスにして、天井に黒に塗装した 障子戸が あり そこから 漏れる 照明器具の光。ムードある和風モダンなイメージになりそうです。

リビングにも 間接照明の 仕掛けを1つ 施しました。下の写真の様な形をしております。この壁に付いた突起物らしきものから 明りがもれる作りになっております。今の住宅では ドーンと部屋の真ん中に 大きな照明器具が ぶら下がっている様な 作りは そんなに人気ではないです。明るさ的には、部屋の真ん中に ドーンと照明器具が あった方が 明るいのが 現実ですが 逆に 明りとりというか 間接照明には 家に高級感を 与える効果があります。
--------
 共栄ホームズの事務所の 前には 国道旧359号線が 通っています。真っすぐ行くと ファボーレが あります。 日曜日の夕方などは 共栄ホームズの事務所の前の 道が渋滞し 車の列ができます(たぶんファボーレに向かう車なのでしょう)。私らは 通称 「ファボーレラッシュ」の時間帯と呼びます。
 さて 共栄ホームズから見て この旧359号線を はさんで向かい側に 昔からあった空き地で 地鎮祭が 執り行われているではないですか   「えぇぇぇっ!共栄ホームズの会社の 目の前で 他の業者さんの家が 建設されるのか???」と 事務所では 軽く大騒ぎでした
 何かの建築現場に 建築会社の作業員のような 人がいたため、共栄ホームズの女性職員が 近所の人を装い 「何ができるのですか~?」と 偵察に行ったところ 「地盤調査を依頼されただけの為 何が 建築されるかは不明だ」と軽くあしらわれました。 そこで 次は 共栄ホームズの1級建築士 Iさんがその現場へ 聞き込みへ。 すると「アパートが建築されます。」とのこと。
 アパートかぁ~ そーいえば 最近 婦中町は 新しい団地、新しいアパートが たくさんできてきていますので不思議ではないですが。
 私は生まれて30年ほど 婦中町にいますが 最近本当に変わってきたなぁーと思います。私が小学校の時は、同じ町内に同級生の男子は私1人で、町内のイベントなどの参加では 非常に寂しかった記憶があります。今では小学校を増築工事してるくらいなので 私のような 同級生がいないなんて事は無いんでしょうと思います。
 話はズレましたが、とにかく 地鎮祭の正体は 共栄ホームズの向かいには アパートができる為 だそうです。 ようこそ 婦中町へ
--------
 砺波市 O様邸 再生工事  着工にあたり 下準備が 進んでおりますO様邸は 勾配のついた 大屋根の作りの 家です。その 大屋根を生かし 大きなトップライトを 設け 明るい空間作りと、 おおきく勾配のついた天井にし 空間を大きくとり 広くししております。 もともと大きかった屋根裏をフルに利用した 明るく広い空間へと 変貌させます。 LDKとホールの区別を壁ではなくスキップフロアで 区別し、一つの空間を立体的に見せ 個性のある 住宅へ。天井の高さがあるからこそ ゆとりを持ちつつ広く 立体的に見せれる、なせる技です。 おもしろい再生住宅へと 変貌しそうです。
--------

 富山市 婦中町 に ある Kホームズの倉庫だった場所の 再生工事が はじまりました。 この工事の きっかけは まず とあるお客様が 子供のオムツを変えたいと言われた時、貸出する部屋等が無かったという事もあり。 最近子連れの お客様が増え、 お子様が 遊べるような キッズスペースが あったらいい と女性社員さんたちからの 声が ひとつ。 あとは、お昼を食べた後に 休憩する 場所が欲しい と 男性社員からの声も あり。 倉庫の在庫などの 整理するのと同時に 解体から 再生工事へと 工事することに なりました 倉庫の一部を キッズルーム併用休憩室へと 再生することになりました。 このKホームズ再生工事の現場監督に任命された Mさん 、設計 Iさん は とても厳しい予算で ヒィヒィ言われながら 頑張っておられます ただの倉庫が どのように 変わるか 乞うご期待下さい。

--------

 宇奈月町 K様邸 再生工事 が始まりました。 施主様のK様とは、メールなどで いろいろやりとりをさせて頂きました  現在 使用されている 家具などの寸法、写真などを 添付され 送ってきていただいたりもしました その使用される家具の寸法を見ながら 窓 壁を配置したり しながら 設計を 進めてきました。
 そうして 今月 解体工事が始まりました。K様邸は 耐震性の確保、家の強度など 計算されずに 建てられた時代の 建物ですので 解体の際 特に気を付けなければなりません。壊してはいけない 柱、耐力壁などを 補強なしに 間違ってこわしてしまうと 倒壊する恐れも あります。意外に重い瓦などの屋根材を乗せて、主要柱など以外の周辺壁、間柱などを壊していくと思わぬところで 家が傾いたりします。ですので 補強の大工工事と 伴う形で 解体を進めるといった。再生住宅の解体工事では 独特の形態を とります。 大掛かりな間取り変更を 可能にする 再生住宅では この解体作業と補強作業が まず最初の重要な 工事となってきます。

壁には 断熱材などは 一切無く、泥の壁でした。
この お宅が どのように再生していくか 御覧下さい。
また更新していきます。
--------

共栄ホームズの 猫

| コメント(0) | トラックバック(0)

 共栄ホームズの事務所には、実話 猫が います。名前は グレイと呼ばれています。とても 人見知りで 知らない人には 近づきませんので 猫嫌いなお客さんが 来られても 猫から 近寄ってくることは ありませんので ご心配いりません 直接 顔を合わせたことのある方は、 共栄ホームズに よくよく出入りしている 方のみです。 たまにお腹が空くと 人を呼ぶ 「ニヤァー!」と鳴き声だけ 聞いた方なら おられるかと思います。
 このネコ との出会いは、もう10年以上前に なるでしょうか、、 動物愛護センターに 出むいた際、 やけに「ニヤーニヤー」と 一生懸命なついて近寄ってきた のを 今でも覚えてます。「連れてって 連れてって 」と聞こえてきました  気付けば そのネコを手に持って 車の中でした
 今では 壁のクロス を爪とぎで やっつけるわで、大変です。おがげで、板の腰張りだらけの 空間へ変貌しております。でも 可愛いでしょ?
こう見えても 共栄ホームズの 発展を 長年間 一緒に 目にしてきた古い仲間なのです。
 きっとこの猫も 今キャットフードを食べられるのも 共栄ホームズのお客様のお陰であると 理解しているこでしょう!
--------

 高岡市 M様邸 リフォーム工事、現在 クロス工事に 入り 工事も終盤になってきてきました。

廊下、応接間の 床がブカブカの状態でしたので、新しく補強、貼り替え工事を行いました  以前は 合板に竹の皮が貼り付けてある フローリングを 使用しておられました。竹の素材には こだわりを持っておられました。今回は 無垢の竹(バンブー)の板を 床材として 貼りました。一般的なフローリングに比べると 値段的に 2倍以上するヒノキ材の床に 匹敵する 高価なものですが 施主様のこだわりにより とても個性のある 廊下、応接間に 変貌いたしました。以前と比べると色が 白っぽくなりましたが、暗い廊下が 明るくなった 気がします。無垢材なので 一枚一枚 の表情、色が違います。

お風呂は、0.75坪→1坪タイプのユニットバスへ。以前のお風呂は寒かったとの事でしたので、200Vの電気暖房乾燥機付きにし、浴室までの扉も片引き戸にし 出入りしやすく。 保温人造大理石の浴槽も 施主様 好みのピンクです。 給湯器は 以前は灯油のボイラーでしたが、 年齢も重ねてきて 灯油をボイラー室に運ぶのも 苦痛になり、今回 フルオート エコキュートに 入れ変えをいたしました。
浴室、洗面所、物置場所に関しては、基礎、土台、柱、筋交い から 間柱、 屋根にいたるまで やり直し ました。床、壁、天井 の断熱材、 樹枝アルミ複合ペアサッシ入れ替え、 など
 リフォームした部分は 新築となんら変わらない 作りですので 以前とは見違える快適さです。あとは 最新設備に慣れて頂きたく 思いますので、完成しましたら しっかりと 設備運転の説明させて頂きます。

--------

12月 の 内見会 

| コメント(0) | トラックバック(0)

 もうずぐ年末です12月に 施主様のご好意により 開催される内見会の日取りが 決定しましたので。ご案内申し上げます。
まずは 再生住宅の完成内見会は 12月5日()6日() 富山市 大山北新町 H様S様邸です。 2世帯同居の再生住宅です。2世帯住宅の新しい提案 増築再生住宅を 御覧ください。エコロジー(環境性)かつエコノミー(経済性)を 追求した 究極のECO住宅です。 最近良く耳にする周辺設備に頼った ECO住宅とは 違う 「家を作る者としての できるECO住宅」です。これに さらに メーカーのエコ設備(エコキュート、太陽光などなど、、)が 備わると より良いと思いませんか?
 また 新築住宅の完成内見会は 12月12日()13日() 婦中町 塚原 E様邸、 同日 婦中町 萩島 T様邸 です。12月は 再生住宅1件、新築住宅2件 の内見会 が ありますので、是非ご来場ください。 
今の新築住宅というモノは、優れた耐震性、断熱性、防音性、気密性、通風性能、採光性能、換気性能 などは 言わずとも優れているのは当たり前となっている時代です。どちらの2棟も 施主様と 一緒に 悩み作り上げた 施主様と私達にとっては 世界で1つの最高の 「家」です。十人十色の家つくりですが、E様邸は 家族のコミュニケーション を重視した 間取り 子供を持つ親なら 必ず同感する部分が きっと あると思います。機能的に欠点のない家 とでも 言えると思います。
 T様邸は、 20代の家作り。生活を圧迫しない無理のない 未来をも設計させて頂きました。生活にかかる費用というのは、住宅ローンだけではなく、光熱費、子供も養育費、娯楽費、貯金など 様々あります。過度の住宅ローンに苦しんで 良い家に住んでも、病気で体を壊してもらっては 何の意味も無いので、、
様々な形の家の 内見会が  12月には3棟 あります。よろしくお願い致します。

現在 内見会に むけて 工事も 頑張っております!!

--------
 本日 高岡市 N様邸 再生工事 が着工され、 解体工事が 始まりました。再生工事の 解体とは 壊すなんてもったいない 使えるモノは 使う の精神ですので、 一つ一つ丁寧な 手作業での 解体です。また 買ったばかりのエアコン、トイレ設備 なども 施主様の要望があれば使用できるように 工事を 進めます。 今回は エアコン2台、トイレ1基を 会社の倉庫に 引き上げ 新たに再生された住宅に 設置される日を 今か今かと待っています。 高岡市 N様邸は、 オープンウィング階段、玉砂利の室内小庭、アイランドキッチン、などなど 本日11月9日から 新築より以上の再生住宅へと 変貌していきます。また 内容は 更新していきます。

見た感じ 新しい家に見えます。築10年そこそこ ぐらいです。生活環境の変化も あると思いますが、それほど 住み難かったということだと 思います。 きっと N様と共栄ホームズと一緒に ここ何カ月も ねってきた再生住宅の案ですので 住みやすい住宅へと きっときっと再生します!!もう壊させません! 2度と壊したくないような建物へ再生させてみせます! このような 強い気持ちで 施工していきます。
--------
 入善町 I様邸 再生工事。屋根も無事に 掛け終え、トップライト(天窓)が 設けられました  とても明るいです! しかも トップライトからの光が 昔からの梁を照らし出して 何ともいえない 再生の住宅の 趣が 感じられる姿に なってきております。ちょうど この トップライトと梁の部分は、正面玄関の吹き抜け部分にあたります。まず ほとんどの来客者は 玄関に入り 古民家調 この風景に 圧倒されることと思います  うらやましいと 思います、このような古民家調の大きな梁がかかっている家にしたいと思って 新築で再現しようと 思っても 莫大な費用がかかり 断念する方もおられる中、解体した際 まだ使える状態で 構造体の 大きな梁などが 残っているということは 本当うらやましいです I様邸は 内見会などの予定は無いため、ホームページなどでの紹介のみになります。基礎再生、構造体再生も一段落したので、これからまた内部補強、内部工作の仕上げに 入っていきますので だんだん形に なっていく 再生住宅を 見てください。
--------
 家の構造体(土台など)がシロアリなどの侵入を防いだり、腐食を防ぐ。 防腐、防虫処理を施し 効果をあげるには、どうしても ピレスロイド系の薬剤や 有機リンなどの 人体に悪影響のある 薬剤で 処理する必要が あります。 最近 人体の健康に悪影響が 少ないといわれている 自然材料もありますが、この 薬剤は、 人体に悪影響が少ないにせよ  結局は効果を出すには 大量の塗布 が前提になります。 
人体に悪影響のある 薬剤は 少量で効き、人体に悪影響の少ない薬剤は大量でないと効果はない ということです。 どちらにせよ 人体に 良い影響はないです。
また、薬剤の効果の 保証期間というのは、メーカーや業者により まちまちですが 平均3年~5年程度です。仮に建物の寿命を50年とした場合、建物を持続するには 最低10回以上の 薬剤 塗布 が必要ということになります。まず 持続して やっておられる 方は 少ないでしょう。建てた時に 塗布 してもらったぐらいの方が多いと思われます。
建物というものは、出来上がってしまうと 柱、間柱、筋交いなどは クロス、ボードなどの仕上げ材で 隠れてしまいます。 薬剤の定期 塗布は 非常に大掛かりな作業になることは 否めません。
体に有害で 有効期限のある 薬を塗るなら、もとより 耐腐朽、耐虫性の高い 木材(ヒノキ、ケヤキ)などを多少値段は はりますが 使用したほうが 効率がいいのかもしれません。 共栄ホームズでは、土台などは すべて ヒノキ材を使用しております。
もちろん 木材を 長く持たせる為には、薬や使用する木材 だけでは なく床下の 高い機能が求められます。高い基礎高さ、床下の通風性、ベタ基礎などを用いて 地盤からの湿気対策が 必要です。
--------
 旧大山町にて 進行中の H様S様 2世帯 再生住宅 も 外部足場が取れ、 外観が現れました。再生住宅というと リフォームというイメージを持たれている方も まだ多くおられると思います。古い構造体のままに、新しい設備を入れ込むリフォームとは違い、 構造体、基礎からの 再生を施し 新築同等 またはそれ以上の 建物にするのが 再生住宅です。 再生住宅とは 外観、間取り変更は 制限あるのではないか?などと 考えられる方が 多いようですが、新築ほど 間取り、外観に関して自由度は無制限ではありませんが、日本にある住宅の多くの在来軸組工法の木造の家は 8割~9割 自由に 間取り変更、外観の変更が 可能です。思い出を引き継ぐ再生住宅で、面影が まったく無くなる 再生住宅ってどうなのだろう?と思われるかもしれませんが、中古物件を購入された方には 一つの選択肢になると思います。 また 若い方で 親から 引き継いだ 持家は あるが、 デザインが古臭くて嫌だ と思っておられる方の ほとんどは 新築を考えておられるそうですが、壊すその前に 考えてみてください

上の 写真は 現在工事中の H様S様邸の再生前~再生後の外観です。
建て替えたように見えると思いますが、構造体の使える部分は 残し再生し直した 再生住宅です 屋根の一部を変えるだけでも 建物は 激変するものです。
--------
 婦中町 萩島 T様邸 新築工事。 T様邸は、 同婦中町 塚原 E様邸が瓦なのに 対し、 GL鋼板の縦平葺きです。T様邸は、パラペットを立ち上げ、パッと見 サイコロの様な 形の キュービック型の家になります。そのため 屋根に勾配(傾斜)をつけれないため 瓦をのせるのには 不適切な作りです。そのためGL鋼板という選択になりました。 この屋根材は、瓦に比べ 非常に軽量なため、大くの雪が 屋根に積もっても 建物にかかる負担を 軽減します。また耐水性にも優れておりますし、 鉄板、アルミ素材の為 とても加工しやすいため、屋根の形が自由にできるのが魅力です。店舗用のアーチ型の屋根にも 適してます。多少のキズなら自己修復するのも魅力的で、よってメンテナンスも楽です。見た目もスタイリッシュに見えます。またリサイクルできる屋根材なので ECOかもしれません。
--------
 婦中町 塚原 E様邸 新築工事。 外壁、外部コ―キング、外部塗装工事などの工事が 終わり 外観の 社内チエックもクリアし、 外部の足場も 無事外れました 足場が 外れたので 箇所 箇所でしか 見えなかった E様邸の外観が 現れました! 共栄ホームズの2009年モデルハウス を 基本に より使いやすい様、E様のテイストを加えた 家です。2009モデルハウスは 屋根材は GL鋼板でしたが、E様邸は瓦と なっております。 瓦は防音性に 優れてます、GL鋼板だと 優れた防音シートなどを駆使して 下地対策しても 雨音、雪の音が やはり 瓦に比べると気になります 陶器に落ちる水音と鉄板に落ちる水音。材質が 違うので仕方がないことなのですが。 家のデザインも左右し 変えてしまう 屋根の材質。難しい選択です、、 一概に どの屋根材が良いかは 言い難いと思います。E様邸は 防音性、断熱性に 優れた 瓦を 選択されました。瓦にするということは、屋根にそれなりの勾配(傾斜)を付ける必要があります。勾配の少ない 平らな屋根には取り付けることはできない屋根材です。 完全なキュービック風の家には 向かない 屋根材では あります。
--------

 11月3日(火) 友人の結婚式 への参加に為、名古屋へ 行ってきました。11時~の受付でしたので、朝7時10分富山発の しらさぎで 名古屋へ向かいました。10時44分に 名古屋に着き 案内状の 式場へ 向かいました  友人は、大学時代から 6年以上の交際を経て 無事に今月 結婚式と なったそうです。 披露宴では、スクリーン映像で「富山からわざわざ 来てくれて ありがとう」と 私の学生時代の写真とコメントを流してもらいまた。恥ずかしいようで うれしかったです。 料理よりも 引出物よりも この おもてなしが一番嬉しかった気が します ありがとう なによりも幸せそうな 新郎新婦を 見ていると 私も 3日(火)の一日の8割以上 笑顔で 過ごさせて頂きました。 おめでとうございました 富山 名古屋と距離は 離れておりますが、 今後 陰ながら お二人のお幸せを 願っております。

久々に 大都会での 散歩でしたが、平日なのに人が多いのにびっくりしました(休日のファボーレ並です)。人を避けながら 進まなければいけないので 名古屋で100m進むには 富山で100m進むのに必要な労力の2倍は 疲れた気がします。また 地下鉄などの本数も多く移動は 自動車が 無くても大丈夫でした。 でも やはり 我が家の ある富山が 一番です。婦中鵜坂駅から自宅までの約1km  すれ違った人は 散歩中のご老人1人!非常にのどかです。 私は 富山のような場所が性にあっている気がします。
--------

 今日 11月2日(月) 台風が近づいているのかと 思うくらい 酷い雨風でした  このような 天候になると 一つ気になるのが 解体工事が終わったばかりで、明日から大工工事に とりかかる予定の 高岡市 のM様邸の事です。 解体した際に 養生作業はしたものの、さすがにこの雨風は強いので、心配になり向かいました。一部解体ですが、断熱材も 入っていない 昔ながらの隙間だらけの家でしたので、きっと解体しない居住空間にも この天候の雨風が 影響するのではないかと 思い高岡にむけハンドルを風に取られながらも 車を走らせました  到着しました、 が M様は 留守の 様子でした。 外部からの 雨風侵入の養生は 解体の際 同時に しっかり 行っていたので、 工事しない内部の様子が気になって 仕方がない状況でした。 そのような時 施主M様が ちょうど帰宅され、中に入ることでき、内部の様子を見せてもらいました。 キッチンは、天井だけ 貼り替えとの希望されておられたので 明日から大工工事を 予定しておりましたで、天井を落とした状態でした。外部からの雨の侵入は無いものの 少しの隙間風が入っただけでも キッチンの天井のホコリを 舞上げる様な 状況でした。そこで 天井にあがり 外部からは見えない隙間という隙間を 防水シートで塞ぎました。これで とりあえず今晩は安心して 明日には 天井の材料も揃い、大工工事に取りかかれそうです。


隙間は 塞ぎましたが、心配でしたので 天井部分一面にも 一応 防水シートを 貼り 仮の天井のような状態にして きました。 明日の木工事には また 取り外しますが 住んでおられる施主様が 少しでも ストレスなく 今晩過ごして頂く為の 対策です。

--------

建築物 見学研修

| コメント(0) | トラックバック(0)

大型 レンタカーを 借りて、共栄ホームズの社員にて 黒部まで 出かけてきました。世界的に有名建築家の建てた 建築物 を見学できるという ことでした  建築されてから15年以上経過しているそうなので、世界的に有名な建築家が建てたといえども 老朽化には 逆らえない 部分が 目につきました。うちも建築事務所なので どうしても そういう箇所に 目がいってしまう性なのでしょうか。デザインは 15年経った 現在でも お洒落なデザインだと 感じさせる 色あせることのない デザイン力に 感心させられました
見学途中に どうしてもトイレがしたくなり、 トイレをお借りしたのですが、さすがに一昔前のトイレ(当時では 最高級設備のトイレ)で ウオシュレットが無かったです。ウオシュレットに慣れ親しんだ お尻なので 数時間後には 悲鳴を 上げることになりました住宅設備の 進化 普及 は ここ10年で 進んでいるということも痛感しました。

--------

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。