未分類

明日からは 本格的に お盆が明けて、メーカー 職人さん 等も 動き出し また 忙しくなります。 その嵐の前の静けさでしょうか? 今日は 落ち着いて 図面など 作成できます。

現在 7月末頃より 図面作成の依頼を受けておりました、お客様の 提案図面を 腰を落ちかせ じっくりと進めております。

お陰様で、図面も 完成しそうです。 残すは、1階の手直し程度まで きました。

はlぁ? 外観が出来ているのに 1階 や 間取りの手直し? と 思われるかもしれませんが、 先に間取りを中心に家を組み立てて行くと、どうしても 後付け感のある 外観になってしまいがちです。 モダンな洋風の建物は、板金屋根が多く 屋根勾配が有っても無くても施工できたり自由度が高い為  外観なんて 後回しで 気にしなくても それなりにカッコよく見えたりしますが、 逆に 和風な建物だと 瓦をのせる事が多いので、柱を多く必要としたり 屋根勾配を3.5寸以上にキツくする事が必要で、 後々 取り返しのかつかない 外観になってしまう事も 多々あります。  平面、立面、通し柱、XY軸の壁倍率バランスを見ながら 同時に設計してゆく事が 大事だと思います。 

大雑把に言って 窓で 個性を造る モダン建物と、 屋根で魅せる 和風建物 の 違いかもしれません。  それらを融合した モダン和風だったり。 

偏見かもしれませんが、 経験上  外観を気にするのは 男性に多く、 女性は 外観はあまり気にしないが間取り重視という。パワーバランスが 生まれる事があります。 どちらも バランスよく まとめられたら最高ですよね。

 

妄想力が 必要ですね。

 

さて、 話はそれましたが こちらの図面 出来上がりましたら 近々 お客様へ ご連絡を させて頂こうと思っております。

 

こちらの物件は、延べ床面積30坪後半の 建物になるのですが、屋根のお陰もありまして、実坪数よりも 大きく感じて頂けるかと思います。

以前 打ち合わせ させて頂き、屋根の形が 全然 変わりました。 お客様の 好みの 屋根に造り変える為、2階部分の間取り配置 等 屋根の取付基準も 大幅に考え直しました。

少しは お客様の 好きな外観に 近づけたのでないかと思います。

もう少しで 完成致します。

 

未分類

皆様は お盆 いかがお過ごしでしょうか? ゆっくり過ごされましたでしょうか。

ほとんどの メーカー、職人さんたち すべて お盆休みとなっていた為、当社も ゆっくりとお盆休みを頂きました。

私の方も ゆっくりと過ごさせて頂きました。 お盆は どこに行っても混んでいるので、外食は 一度も しませんでした。   ケンカに ならない様に、フェアーに 夫婦で 交互に 食事を作り 過ごしました。(私の味付けは 濃い目なので、子供には ウケますが、身体には ウケません(笑)

久々の 長期休暇だった為、仕事のON OFFで 自身の副交感神経が不具合を起こしたのか、全身に 気持ち悪いくらいの 蕁麻疹ができて 皮膚科を探しても どこも休診で 大変な お盆でした。

また 子供が39度超えの熱を出したり、 お陰様で 大好きな「家」でゆっくりと 過ごしました。

今日 仕事が 始まったら 、病院にも行けていないのに、 自然と 蕁麻疹も 落ち着きつつあります。

どうも緊張感が 常に必要なみたいな体質で、 休んでは ならない身体なのでしょうか。。。 

 

 

さて まだ 土日という事もあり、メーカーや職人さんも まだ 休んでおりますので、休み明けに向けての事務仕事などを やっております。

ありがたい事に 展示場にも 来客があり、対応させて頂きました。 よい図面を 提案させて頂きますね!

いよいよ 長期休暇後の 仕事がスタートしますね。 よろしくお願い致します。

 

 

未分類

富山市 婦中町にて 行われた、H様邸 上棟です。

担当現場の上棟です。 担当現場とは、モデルハウス 等での接客、営業、設計、確認申請 等公的申請代行、現場管理、お打ち合わせ、お引渡し、メンテナンスまでを 指します。 お客様とは 最初から最後まで そして 引き渡し後は、 私が動かなくなるまで お付き合い頂きます。(笑) その後は 後世代の方々が 見ていってくれる事です。

たまに 口コミ掲示板で 共栄は営業マンがいない と 書かれていますが、一言 建築士 等の有資格者の技術営業マンがいる と 言って頂けたら と 思ったりもします。(平日だと 作業服で接客とかするのが 悪いのか。。 パリッとシャツを着てネクタイ締めて 接客すれば 営業マンに見えるのか。。) まぁ 確かに 現場に出たり、設計したり すべて一貫して行う仕事なので、営業に絞って集中して時間を作る事は なかなか難しい事は 事実ですが。。。 

大学の経営学で学んだ。 営業は商売の基本で とても大切な事。 差別化の 次、または同等に大切な活動である と 学んできました。 おろそかには してませんよぉ(つもりです。)  仮に おろそかなら 会社 は、続かないでしょう。

さて、

工事も 夕方には 無事に 事故も無く 終える事ができました。

当日 めちゃめちゃ 暑くて 大変でしたが、私も お陰様で 夏らしく 黒々く 焼けました。

 

 

夕方に 大山、大沢野方面で 大雨警報が出て 婦中町でも 『 ゴロゴロ 』 と 雷の音が 聞こえてきたので、 少々 心配でしたが、大丈夫でした。

雨男の私と 雨男の棟梁で現場に 入っているので、天気予報も 強制的に 外してしまったのか! と 思いましたが、今日に至るまで 晴れが続いております。

 

 

夕方には、 無事に 屋根まで 終了致しました。

 

 

 

未分類

明日は 婦中町にて 担当現場の 上棟です。

ですので、今日は 早めに寝ないと 暑くて 体力が 持たなそうです。。 

水分補給も 心がけないと。

言い訳ですが、明日は 現場に出ているので ブログの更新が できないかもしれないので。 今のうちに アップしておきます。

 

基礎、土台が良く見える様に、この写真にしましたが、 現在は 足場工事も完了し 足場に囲まれております。

モデルハウスと 同じく、雨男の現場監督の私と、雨男の大工さんの 現場ですが、さすがに 明日は 晴れるでしょう。

熱中症には 気をつけて 頑張ります。

 

 

夕方には 上部写真の基礎に こちらの建物の 骨組、屋根が 工事完了している事でしょう。 

 

未分類

富山市にて 工事進行中の 平屋の二世帯住宅です。

現在は 外壁の塗装工事中です。

色はモデルハウスと同じ 緑です。 いわゆる 共栄グリーンです。 

足場全体、また 各所に 養生がされていて、建物全体を 見るには、足場をバラす 必要があります。

この部分には、足場をバラした後 左官にて 水勾配を付けて ウッドデッキが取り付けられます。

 

通常は 高所作業の 電気の引き込み工事、アンテナ 等の取り付け また 雨樋の落とし側を取り付けてから 足場 バラしを行うのですが、平屋住宅ですので、 外壁塗装が終わってから すぐバラす事も 可能です。

 

内装のクロス工事は 終わっております。 現在 家具工事における 打ち合わせを お客様と 行っている最中です。  現在は 上の写真の様な エアコン隠しの ルーバーと、TVボードの 提案をしております。

他、洗面化粧台は 造作の2連器のモノが造られます。 他 造作家具は、着替え入れBOXの収納 等 があります。

キッチンは リクシルの最高グレードの キッチンです。 天板も 初めて見るタイプで 養生を外すのが 楽しみであります。

 

未分類

昨日は 神通川花火大会でしたね。

自宅から 子供と見ておりました。 毎年 8月1日は 不思議と 晴れますね。 富山空襲の追悼 からくる 霊的なモノが関係しているのでしょうか。

さて、

富山市 K様邸 工事進捗状況です。

 

 

大工工事も どんどん進んでおります。 玄関のアプローチの下屋も 綺麗に 仕上がってきております。

子世帯玄関から見た 玄関アプローチです。

 

 

親世帯側から見た 玄関アプローチです。

二世帯住宅なので、こちらの下屋で 左右に 玄関が 分かれる事となります。

真ん中に 窪みがありますが、和室の共用縁側テラス部分に なっております。

 

 

暑い日が 続きますが、工事は 無事に進行中です。

 

 

 

未分類

本日は 高岡市にて 地鎮祭が 執り行われました。

前日に 台風が接近、 雨男の、私と 雨男 の大工さんと 一緒の参加でしたが、見事に 晴れました。

これも 施主様の 良き人柄があっての事と思います。

 

これより 工事スタートです。 よろしくお願い致します。

 

 

未分類

今日は 完全に 個人的な内容の事です。 家作りには 関係ない事なので、興味の無い方は、 新しくアップしました 新築施工事例 射水市 Y様邸を ご覧下さい。 良い建物に仕上がりました。 (現在 外溝工事に向けての打ち合わせ中です)

 

 

今日 7月25日の誕生日を迎えて、 38歳になりました。 子供も小学四年生となり、 若いつもりが 年をとってきてしまいました。オジサンです。 もう この年ともなれば、流行の服を着ても 「若造り」に 見えてしまう 痛い年齢になってしまいました。  普段着も そろそろ 年相応の格好を 心がけないと 思ってはおります。。。

ただ 家作りに関しては 若い世帯の好み 考え、壮年世代、熟年世代の好み 考え、それぞれを 深く熟知している事が 求められるので、普段着とは 違い どちらかの偏りは 持たないように心がけないと と思っております。 特に 私達 壮年世代は 家作りを 終えてひと段落されている方が 多く、壮年世代の自分としては 自分の好み 考えが 一番 的外れの時代が 来ているのでは?と 危機感すら感じております。

誕生日を迎えて、より 家作りの 流行にアンテナを しっかり張らなければと思っております。

 

この年齢になると 誕生日パーティなどは 行いません。 そこで 家族で行くと値段が高つくので なかなか行けない、  ファボーレ前の しゃぶしゃぶ食べ放題でも 半年ぶりに 自分へのご褒美で 家族で 行ってこようかと思います。 

でわ。

 

 

未分類

高岡市 M様邸 新築工事における 確認申請を作成中です。

市街化調整区域、農振除外、農地転用、農業委員会との打ち合わせ、擁壁工事、水路工事、 敷地造成工事、上下水道引き込み工事、適合証明書の発行と 

お客様とは かれこれ 年単位での お付き合いとなっておりますが、ようやく 着工事となります。

 

 

インナーガレージ付きの 左右完全分離型 二世帯住宅です。  道路面の北側にインナーガレージを配置し、 車 を駐車し、 広大な 田畑が広がるひらけた 南面には 大きな屋根付き デッキテラスが広がります。

 

 

大きな 建物が建ちますので、敷地も 200坪程度あります。

今月末 地鎮祭を執り行い、工事スタート予定です。 

 

未分類

富山市の 平屋の 住宅です。

こちらの家には 気密BOXが取付られております。

これは 何かというと コンセントやスイッチから 壁中空間、天井裏、(断熱材と室内との間)の空気の流入を止める役割を果たします。

建物の 気密性を上げてゆくと 換気システムを作動させ 負圧になった室内が この 壁内の空気を引っ張り込むので、 (よく隙間風と勘違いされる方もおられますが)、それを防ぐ 為のモノです。

 

 

 

コンセント BOXの外側に もう一つ 透明のBOXが あり、気密テープで止められているのが 分かられるかと思います。

この後  さらに 上に気密BOXのカバーを取り付けて完成となります。

 

こちらの 家は、グラスウール断熱材を 使用しています。

 

この気密BOX、グラスウールなどの断熱材などを使用する際に とても有効な方法です。 グラスウール断熱材は、断熱材自体が 不燃材認定を受けているので、万が一 コンセントからの発火があっても 安心感があります。 

一方 発泡ウレタン系断熱材などですと、不燃材認定を受けては無いので、万が一 コンセント内で発火した場合 燃え広がる可能性があるので 逆に コンセント周りをグラウールなどで包む 等の 防火処理を する必要があります。 発泡ウレタン系を使用の場合、この気密BOXでは ちょい役割不足です。

断熱材の種類によって 気密のとり方も違うということですね。

細かい 積み上げが 良い家を造ります。