未分類

滑川市 K様邸です。 内装工事と 平行し 外溝工事も 行われております。

内装工事といえば クロス工事が一般的には多いと思うのですが、K様邸 は 左官職人が仕上げる 塗り壁の家です。

モダン和風の外観見ての通り、中も真壁造りになっております。

真壁造り(柱などが化粧になっており 壁の中に隠れず見せる家のこと)、その為 柱なども綺麗な材料を使わないといけないので コストは多くかかります。 昔は こちらの真壁造りが主流でした。 現代は コストカット や、断熱性能向上 また 見せれない材料の集成材が多く出回り 柱も隠して 大壁造りとすることが多くなりました。 

真壁造りに こだわられる施主様の 多くなら、クロスではなく 塗り壁にも こだわられるのは 目に見えて明らかです。 K様邸 も 塗り壁です。

窓の無い 廊下には 天窓から光が 降り注いでおります。

未分類

暑いです。 

人に会えば 皆さん 「暑いですね」 口癖のようの 飛び出します。 そのくらい 皆さん 身体がまだ 付いていっておりません。 

この季節になると いつも 夏と冬と どっちが好き?という 質問がくると 現季節の逆を言いたくなります。どの季節も良い部分が たくさんありますが。 僕は 冬です。  冬の除雪時期になると 夏です と答えます(笑)。

先日の 婦中町での上棟が終え、バタバタと上棟後の段取りをしていたかと 思いきや、次の工事も 続々 スタートしてゆきます。 この 後 もう3棟の 上棟が 婦中町には 控えております。

今現状で婦中町では 4物件が工事中で、これに加えて もう3棟の 上棟で、婦中町だけでも計7棟です。過去でいうと ファボーレ前のウェストヒルズⅡ分譲地が完成した時期 以来の棟数だと思われます。 いや それ以上か。。。  僕は もうこれ以上現場を持つのは無理です。 すこしばかり 山の方面へ出向くことになっていますから。

8月から 山の方面(八尾町)で 2棟の新築物件が 工事スタートするのですが、その 解体や造成に関する 協力業者さんたち と 解体スタートの物件の方は、施主様 交えての 事前打ち合わせです。

スケールを持って 必要な情報を得るために 少し動いただけなのに、かなりの 汗だくになりました。

 

消費税の増税の 影響なのかは わからないのですが、当社だけでも 仕事が 来年にかけてまで 既に かなりの物件があります。 冬場の仕事や 来年春以降の 仕事も 既に入ってきているので、今回の増税は影響がないのでは?とは 言い切れない状況だと 思います。 (逆に 増税後の冷え込みが怖いくらい)  多くの 住宅メーカーさんが 富山県内には、あるかとは 思われますが、 おそらくどの業者さんも 忙しい環境下 なのだと 思われます。

物件の 多くは、富山市 射水市 高岡市内に集中していますが、 だけではなく、氷見市に3物件、滑川市、小矢部市、朝日町にかけて 今現状 現場があり あっぱれ 共栄ホームズ状態ですが、なんとか 暑い夏を 乗り切り 頑張ってゆきます!

 

 

未分類

婦中町にて 上棟式を 無事に 終えることができました。

本日は 誠に おめでとうございます。 また はるばる 遠路 富山まで 貴重なお時間を作って頂き、出向いていただき 誠にありがとうざいます。 施主様が 何度も 現場へ足へ運ばれることが、なかなか 難しい事と 思いますので。共栄ホームズが 責任を持って しっかりと 現場をあずかり 進めていかなければなりません。 よろしくお願い致します。

この後は バタバタと工事が 進んでゆきます。

次回 現場へ来られる頃には 家の形が もっともっと 目に見えてきていると思います。

よろしくお願い致します。

未分類

先月 婦中町の砂子田(クローバータウン砂子田)の 土地造成工事も ほぼ終わり、その土地に合ったプランを作成し、『擁壁の家』との名で ホームページにアップしました。

今月に入り、 お問い合わせがあり 現在 1組の お客様の 銀行仮審査中です。

こちらのお客様の 審査が無事 通れば、残すは あと 土地は1区画 あるので、また お問い合わせ下さい。  土地の方角的に、同じ条件なので どちらの敷地にも この建物はベストマッチに 当てはまります。 また プランは 他にもありますし、自由設計でも OKですので、 お問い合わせ下さい。

 

未分類

明日は、婦中町にて N様邸の 上棟が 行われます。 

なら 上棟当日の 明日 ブログに上げればいいんじゃなの?ってな感じですが、 明日は 仕事で 石川県の金沢に行くので、なるべく早く帰ってきたいと思ってはいるのですが、ブログを更新している時間がとれるか怪しいので、 今のうちに アップしておきます。

基礎は十分な養生期間を置きました。 とても暑い日が続いたので、水で浸しながら しっかりと養生してきました。 よく 勘違いされる事が 多いですが、基礎を打設した後 水に濡らしているとダメなのではないかと 思われがちですが、逆です。 夏場の急な乾燥は、基礎の強度を落とすので、水を散水しながら ゆっくりと乾燥させてゆきます。 基礎は 赤ちゃんです 、赤ちゃんにミルクをあげるように 、基礎にも 水をあげる必要があります。コンクリートとは水と化学反応し 固まるものです。よく乾燥させて固まるモノと勘違いされる方が 多いようですが、それでは栄養失調になります。 夏場の雨は、 基礎にとっては 恵みの雨です。心配されないで下さい。

今日は 明日の上棟に向けて、今日は 足場を組んでおります。

お陰様で 富山は しばらく 天気が良いので、仕事が捗りそうです。 ただ 熱中症には、気をつけて 当日はすすめてゆきたいです。

未分類

今日は 午前中、内装工事の打ち合わせに 行ってきました。

富山市 H様邸 再生工事の現場です。 クロス や 珪藻土などの 内装色決めの 施主様との 打ち合わせです。

玄関ホールと 廊下の吹き抜け部分です。 階段がかかっておりました。 あとはアルミ手摺を取り付けます。吹き抜け上部、 2階のホールには既存の梁が姿を見せております。 

内装工事用に この後 内部足場を組みます。 そこから クロスや塗り壁よりも前に、 まずは 既存梁などの 塗装工事から はじまります。

玄関は 下足棚を取り付け中です。 ここは ウェーブ仕上げの珪藻土が塗られる事に決定しました。

大型の一枚モノの無垢ケヤキの式台下には 間接照明が組み込まれ、妖艶な光の演出のある玄関とホールになる予定です。土間部分は 洗い出し仕上げに 決定しました。 

FIX部分には 木製格子が組み込まれます。 夜間 格子から漏れ出る光は 来客者を 旅館にでも来たかのように 妖艶にお出迎えいたします。

メインリビングの勾配天井に見える 大きな梁にも この後 塗装工事が行われます。 そして シーリングファンや照明器具が取り付けられれば 完成です。 

それにしても すごい リビングですよね。 左手に見える 高さ2500の大型特注サッシも まるで小さく見えてしまう 迫力です。

リビングから 欄間(ランマ)越しに見える座敷には 囲炉裏があります。

食品庫関係の可動棚も取り付け完了しておりました。 残すところは、造作家具ですね。

造作の洗面化粧台や TVボードが取り付けられれば、一気に 生活感を感じられる空間になってくると思います。

未分類

梅雨らしいというか 雨が酷いですね。。 自宅は板金屋根なので、吸音材が敷いてあるにしても、 雨音がバタバタという音が どうしても気になってしまいます。

7月になり、宅建試験の申し込みも 始まったので、郵送で申し込んできました。 インターネット申し込みできる 今の時代、今更 郵送で申し込んできました。 今まで 試験を受けてきた 建築士 や 建築施工管理技士なども 同様、郵送で申し込んで 無事一発合格をしてきたので、 験担ぎ的な 意味合いがあります。宅建試験は 初受験ですが、落ちる気は 全くありません。 記念受験 とか 自信が無く、もしかしたら受かるかも受験なら お金と 限りある時間の無駄使いだと思っていますし、資格獲得が会社の業務命令というモチベーションの人たちにも 断じて 負けません。

さて、

滑川市 K様邸の足場もバレて、外観が姿を 現しました。

とても 威厳のある 外観が 現れてまいりました。

さて これから 外溝工事というところで、台風がきたり、足止めをくらっている状況ですが、梅雨が明けたら どんどん進んでゆくと思います。 

庭工事にも 予算を組まれている施主様ですので、 内装建物、庭 すべて 当社の設計で 総合的に 良い建物に仕上げてゆきます。

 

未分類

とうとう 夏休みの時期がきました。 たまの休みに 家へ帰れば 「どこか連れてけー!」 の時期がはじまります(笑) たまのレジャーは、こちらも 楽しいですけど。 

芝政ワールド に行った時には、インドア派の我がファミリーは 休憩室で ずっとアイスを食べていた記憶が蘇ります。

お盆休みに ユニバーサルスタジオに行った際も 暑過ぎて、アトラクションを一つしか乗らず、カフェ的なお店は全部混んでいたので、本当はアイスや冷たいジュースを飲みたかったのですが ジュラシックパーク前の食堂で 食欲もないのに食べたくもない肉を食べて ずっとクーラーの効いた席に 座って外を眺めていました。。。。

毎年 夏休みの旅行は、笑い話として 武田家伝説として 語り継がれています。

夏の旅行は 暑くて動けないのは 解っていても、きっと今年も 我が家は ノコノコ出かけて行くのでしょうね。

そんな楽しい 長期休暇というアメの前には、さすがに子供様といえど 試練(ムチ)が待っております。

『期末試験』です。 

うちの子供も 期末試験だという ことだったので、国語のテスト前日に 試しに 出題範囲から仮にテストをしてみたら。 あまり覚えていない状況だったので、急遽 7時から10時過ぎまで みっちり 僕とワンツーマンで勉強しました。

低学年の時期は、一人で勉強していても そこそこ点数は取れていたのですが、中学年になると 授業で学ぶ内容も だんだん難しくなってきて 授業と宿題だけでは、頭にインプットできていない様子でした。 

今回は 出題範囲をやり終えるまで、私が 一緒に教えていると とても楽しそうに スルスル覚えていってくれていました。

「満点取る必要もないから 遅いから 寝る?」 といっても

「まだ やる!」 と 言ってくれてました。

おそらく子供としては 親の僕とコニュニケーションをとりながら 小テストを繰り返すという 些細な団欒の場が、集中力となって良い結果に結びついたのだと思います。 たぶん 楽しかったのだと思います。

学校から帰ってきた時、「解らない問題も出たけど、一緒に勉強したところ出たよ!」 と 嬉しそうに言ってくれました。

僕も 嬉しかったです。 やってきた努力が点数として現れる 嬉しさを感じてもらえれば幸いです。

多分、自分と似ていて 外で活発に動くスポーツ肌な性格ではないようです。(学生時代 僕は 女の子にモテる為にという不純な動機で、無理やりスポーツ(バレーボールや水泳)を続けていたのですけど。。) 子供には、無理やりスポーツなどはやらせず やりたい事 や 好きな事 を伸ばしてあげようと思っています。

最近は ゲームの 架空の新キャラクターを自分でデザインしてスケッチブックに書き溜めています。他 いろんなモノをデザインしたり作ったりしてます。

妄想からの デザインや創造が好きみたいです。

昔の 僕とそっくりで 笑っちゃいます。 好みとかも 遺伝するもんなんですか?

建物の 設計 デザインも 創造 一つです。

僕も 足場や屋根の上に登ると、足をプルプルさせている ダメダメな建築士ですが。。。豪腕な職人さんたちに支えられながら なんとか やっていけてます。

今の時代 女性建築士も 多くの人が活躍しているみたいですよね。

無理に建築に携わせる つもりもありませんが(笑) 

暑い夏が はじまりますよ~。

 

未分類

今日は 暑いですね。 夏ですね。 自宅は もはや寝ても覚めても クーラーを ガンガン使用しております。

というわけで 身体がなかなか 急な暑さに付いてゆけず、、、 モデルハウスにも 今日は 3組の来客しかありません。

また日曜なので 現場も休みで この時間の貴重な合間に 依頼を受けていた 図面を 仕上げておりました。 お待たせしているお客様も 多数おられまして、ご迷惑をおかけしておりますが、着々と仕上げておりますので いましばらくお待ち下さい。

KNBラジオを聴きながら。 KNBバザールの イントロクイズを 聴いていたら つい 笑ってしまって 手も度々 止まりながら(笑)

KNBバザールのラジオを聴いている訳は、今日の夕方の牛島歌謡祭で 当社のCMソングが流れるという事なので 朝から流しております。 何気に KNBバザールを 事務所で フルに参加させて頂きました(笑)

高原兄さん と TOMOMIさんのデュエットで 歌われるみたいなので 楽しみに待っております。

 

16:00 だから   そろそろかな? 

16:35分頃 に 流れましたね! 「家よりも大切なもの」  うちの会社のCMソングという事で聴きなれていますが、 改めて フルに聴くと とても感動しました。最高でした。 高原さん トモミさん ありがとうございました!

この曲を 聴くと 大切な人達のことを思いますよね。

「小さくてもいい 帰る場所がある そこには笑顔が散らかっている」 「家より大切なモノをつくりたい」

家族を囲む 家という型を作っている 我々としては このような施主様の 幸せへの願い、想いを忘れてはいけない、また  家を作る 意味ということを 再認識させていただきました。 デザイン、性能うんぬんも大切だが 人間なら忘れてはいけないものが あるんですよね。

未分類

今日は担当物件の 再生住宅の現場の 紹介です。 富山市 H様邸です。 現在 大工工事 中盤~終盤にかかっております。

7月の頭から 外壁工事がスタート予定になっております。 外壁は サィデング張りを終えてから、緑に塗装されます。(モデルハウス「連」の色) 

玄関の天井部には 竿縁天井仕様となっております。こちらは 既存の住宅から利用したものになります。今の新築での再現には コストがかかります。 玄関扉(白色の仮設扉)の隣にある、大きな FLX固定窓には 木製の格子が組み込まれる予定になっております。 和風の玄関に より 厳かな雰囲気を与えます。また 壁は すべて 珪藻土の塗り壁仕様となります。個人的には、藁入り か クシ引き仕上げが 雰囲気に合っていると思っていますので、施主様に オススメしてみようと思っております。

1階にある若世帯の寝室です。もとは 台所などの水廻りが固まっていた場所になります。ここまで仕上げてきますと もう 面影はありません。 天井には 無垢のツガ材を貼ってあります。 また 天井高は 普通の家の天井高よりも20センチ以上高く確保してあり、非常に広く開放的に 感じて頂けます。クローゼットの建具高さが 2m50センチなので、その高さが 一般的な 新築での天井高さとなります。 こればっかりは 現地に足を運んで頂かないと この開放感は 体感できませんね。壁紙を仕上げる前でこの 開放感なら、仕上げた後は もっと広く明るく感じて頂けると思います。

H様邸 は 3世帯同居の再生住宅なので、1階に3部屋、2階に2部屋 間取として寝室を 確保しておられます。 1階の各寝室には 写真の様な 大きな4段式マグネット張りのニッチ棚が設けられております。(黒く写真に写っているのが大工さんのスマホなんで 結構な 大きさがあることが分かられるかと思います。)

一番下段には、コンセントも配置してありますので、スマホの充電にもご利用いただけますし、飾り棚などにも利用できます。本棚や掲示板など 利用目的を選ばない壁埋め込み式の収納です。

1階リビングは 庭に面した大きな窓、多きな勾配天井に欅(ケヤキ)の梁が 姿を現しております。

既存の梁には シーリングファンが取り付けられます。 梁には 塗装が施されるので、もっと黒っぽくなると思うので、シーリングファンもブラックが合うと思います。 勾配天井部分にも 無垢のツガ材が張られております。縁側部の勾配天井にも 無垢のツガ材が使用されております。

リビングに隣接する座敷には囲炉裏があり、モダンさと古きモノが融合し、新築では絶対体感できない きっと 良い建物に仕上がると思います。

夏の暑さがひく頃には 完成を目標しております。