未分類

こんにちわ 武田 憲昭です。

今日は 少し真面目に 建物の お話を しようと思います。

今日は 気密性のお話です。

気密とは、C値という 数字で 表示できます。

隙間(すきま) の C(シー) で 覚えれば 覚えやすいと 思います。

 

建物の断熱性能は、 UA値 という数字で 表示できます。 これは 建物や基礎の工法による熱損失補正、断熱材の性能、サッシ性能を 考慮して 高度で 精度高く数値化したモノです。  従来の 床面積で除していた Q値 よりも、外皮面積で 除しているので より 人間の体感値に近い感覚のものになっていると思います。

 

仮に どんなに UA値(断熱性能)を 上げても、C値 (隙間)が あれば、クーラーで冷やした部屋の空気は その隙間から 徐々に 逃げてゆくという イメージが 良いかもしれません。  

かといって C値を 究極に稼ぐ事に対しての 、方法などに関連して 建物 人体 生活に対する弊害も もちろんあるので、 何が 完璧な 建物なのかは 未だ 各メーカー 試行錯誤状態といった 感じの 建築業界なのでは ないでしょうか。

高層ビルなどの規制 や 研究、性能向上に関しては、結構 前から 行われてきた印象で、現代では 省エネ法での 規制対象にまでなっていますが。(一定の基準をクリアした高性能の省エネビルしか建てれませんという規制があります。)  木造の一般小規模住宅は、何百年 大工さんの 勘 と 感覚や 腕で 建ててきた日本の 木造住宅ですので、 こういった省エネ法 建築士法 、基準法改正 に 伴い 日本の木造建築に 科学的学問の側面が流入してきたのって、 やはり ごくごく最近の 話しなんですよね。 なので 皆さん 試行錯誤なんです。 結果 何が 良い建物なのかは 今後 数十年かけて わかってくるのかもしれませんね。 一般住宅に関しては、耐震性は規制されていますが、 UA値 C値 に関して 規制は 未だに無いので、皆さん 好き勝手 建てている状態です。  C値に関しては  同じ ハウスメーカーで建てても 現場監督、大工さんによって バラバラなんて事も ザラに目にします。(気密測定をしない場合 ほとんどコレに当たるでしょう)  あなたの 家の気密が取れているかは 大工さん や 現場監督のやる気次第。 嘘の様で 本当の 話です。

 

 

ちなみに UA値は お金を出せば お好きなだけ 数値を稼ぐことは 可能ですが、C値は 現場での手間なので そこに関して 紹介していきたいと 思います。

では 当社での C値 確保の施工 一部を紹介させて頂きます。 (在来軸組工法です。)

 

これは 建物 外周廻り胴差 や 梁の 部分です。 黒いテープが 張ってあるのが 分かられるかと思います。

黒いテープの内側には 耐震金物の 受け金具 または ボルト 類が あります。(室内の梁と 連結する為の 金物)

建物にしたら  受け金具、ボルト = 穴 なので、そこを塞ぎます。

また  大工さんによる 耐震金物の ボルト 締め忘れ防止にもなります。人的 被害を防ぐ事にも 一役かっております。

指定トルクで 締まっている事を 最終確認後、この気密テープで 処理します。 現場監督の仕事です。

今の 新築住宅って 何百個という ボルトで 連結されています、一個も 忘れず しっかりと 全部 締めていますか? 一回 締めても 緩んでくるんですよ、仮締め 本締め しっかりと 行っていますか。 構造計算で指定されている規定のトルクで しっかりと締めてありますか? 設計者、現場監督なら もちろんトルクの測定できるトルクレンチ持ってますよね? 意匠設計 ばっかりに 頭がもってかれていませんか?   こう考えると 恐いですよね。 

 

この 気密テープ C値を稼ぐ事、 締め忘れ防止になっている事、 一石二鳥の 作業です。

もちろん大工さんも 確認してますし、現場監督も確認すれば、二重のチェックで より良い 建物になってゆきます。

おそらく この先も 人の手間 で、 建物の 見えない部分の質が 変わってくるのは 、ずっと同じだと思います。  信頼できる ハウスメーカー 現場監督、設計者に 出会うことを 祈っております。

未分類

今日は お休みです。

建築業界って 水曜日 休日という人も 多いのではないかと思います。 サービス業界の方々もかな?

僕の 基本的な 休日の 過ごし方は、午前中は、8時から13時まで 集中して 勉強。 (休日は ダラダラ過ごすので 朝食、昼食は、僕は 基本 食べず なるべくカロリー摂取を控えています(お金もかかりますし)。でも 健康には悪そうですが、、)    

13時から 15時まで がっつり PS4で ゲーム(笑) 

15時から 近所のスーパーに買出し。

16時から 家族全員分の 晩御飯の下準備。  後は 皆で ご飯を食べて ダラダラして 寝ます。 

こんな感じです。

 

昔は 今晩何 食べようかなぁ 作ろうかなぁ と 考え 迷う事が 多かったのですが。

今は ネット や ユーチューブが あり、ユーチューブでは 作り方、材料も タダで 教えてもらえます。また 動画なので 細かい 作業の ニュアンス も 伝わってきます。

料理本を 買って 情報を得ていた 時代が 信じられません。

 

今日 作ったのは シンプルに 焼きそばです。

ユーチューブで 仕入れた 情報ですが、「白だし」 と 「オイスターソース」を 入れると美味しいと 動画でアップされていたので、 やってみたら 。

本当に 美味しい。 いろんな メーカーの焼きそばが 発売されていますが、これが一番美味しかったです。 生まれて 食べた中で 一番美味しいと感じた 焼きそばでした。

奥さんは 「 お店の 焼きそば みたい 美味しい 」

子供は 「 キャンプで作った 焼きそば の味がする!」   との 一応 絶賛の声。

(キャンプなんて連れてった事 一回もないのに 笑)

この ユーチューバーさんの 通りに作ると だいたい美味しいので 最近 ハマッています。

休日に 料理を 作るのが楽しみになります。

 

さて、

今日は 家の 話はありません。 

 

これは 2階にある 僕の 部屋です。( 一応 設計時は 主寝室になる予定でしたが、実際に 住んでみると一階の和室で 家族で 寝ています ) いつも ここで ギターなどを 弾いています。 天井には 音響板が 張ってありますが、効果の程は 不明です(笑)  今の新建材の 接着剤入りの漆喰 や 珪藻土、エコカラット などと 同じ類で 効果は感じられず不明です。

なんだかんだで 1階空間の 充実、  贅沢をいえば 平屋が もっとも 生活 が楽で 過ごしやすのかもしれませんね。 地震 や 風害にも強く 設計 し易いですし、設計者側からしても ありがたいです。

敷地の大きさでの制限や、コスト面では 2階建てに 軍配があがりますが。

では 皆様 良い 休日を ~ 

 

未分類

こんにちわ 武田 憲昭です。

とうとう 子供が 中学生に なる時期が 近づいてきて、生活にも 変化がでてきております。

中学に 上がるに際に、 大人用の 自転車が 必要になってきて、 近々 購入予定なのですが、

その 駐輪場が 無くて 困っております。

今現在は 小学生用の 小さい自転車なので 無理やり玄関に詰め込む様に、 入れてありますが、 大人用自転車となると そうは いかなくなるのは目に見えて 明らかです。 

雨ざらし だと サビや 劣化も気になるし、何より それを使用する 子供が 可哀相です。

 

さて、広くもない 我が家 どうしょう?

 

とうとう 9年越し念願の カーポートを建てる 日が来そうです。(建てざるをえない状況な だけですが、、)

9年前の 新築当初は、 「普通のカーポートなんて 嫌!」 と 思い、 お金を貯めて 個性的な 車庫やカーポートを いずれ 建てようと、そのまま ズルズル 9年が経過してしまいました。 過去の豪雪の 時は 酷い目に遭いました。

 

ご覧の 通り 現在 カーポートなんてない 雨ざらしの 駐車場です。

(写真の 電気自動車は 、当時の 先導型ZEH(ゼッチ)仕様 アピールの際の 撮影用 展示車なので 気にしないで下さい、実際は ジムニーに 乗ってます(笑)。 夫婦共々 軽四で リーズナブルな生活を送っております。)

(当時の BBTさん TV取材の際の 撮影 風景)

 

太陽光 に HEMS(ヘムス)も 搭載しましたが、 富山県には 焼け石に水 なのが正直な 感想です。

稼ぎ時、 夏場 の 先月の 売電量が 4500円ですよ。この時期 1万円もいかないとわ、、、。 はぁ もう 意味分からんすわ、、、、。   太陽光 が 壊れてきているのかもしれません。 メーカー調査、メンテナンスを入れても良いのですが、人に依頼をして動かす事は、 タダじゃないんで お金のかかることなので やはり 躊躇しますよね。

ゼロエネルギー住宅の 9年目の真実 というものでしょうか。 太陽光しかり 電化設備、製品は かならず壊れます。 家を建てる際には 気をつけて下さい。原始的な造りって 惰性で 意外に長持ちしたりしますが、 機械仕掛けの設備で 武装した建物って 10年目で 一斉メンテ必要ですよ!!!!9年間 売電で稼いできた分なんて メンテ費 交換費で 吹っ飛んでしまいます。

国が推進する 建物に 対して、建築士が このような事を 言うのは 駄目なのかもしれませんが、一応 建築士といえど 一応私も 一消費者ですし ちょっとぐらいは 愚痴ってもいいでしょう。

断熱性能の高い家って やはり凄く良いと思うのですが、メンテ費のかかる 全館空調などの 機械仕掛けの この手の家。。。個人的には 将来に渡り お金がかかるなぁ という 印象です。 なので 自宅の 太陽光 や HEMSのエラー は 直すつもりありません。

流行に乗るのも良いですが、 なるべくメンテナンスフリーな 構造建物で、汚れて劣化しても 、それが 味や風格となり カッコイイ家 。 (当社の モデルハウスの様な)  これが 結果 良いような気がします。

 

話は 逸れましたが、

 

けど やっぱり 普通の カーポートは やはり 嫌なので、 少しお金を出してでも カスタマイズした 個性的な カーポートを 近々 建てたいなぁ ~ とは 思っております。

実際の工事施工は 築10年目の頃に なるかもしれませんが。 近々 何かしら 建てます。

その際は また ブログに アップします。

値段も 高過ぎず カッコイイ カーポート を 探し出そう!

ご参考に して下さい。

 

子供部屋も 必要に なってきますし、そこに エアコンも 必要でしょうし。

う~ん。  いろいろ コストが かかりますね。。。

 

未分類

また また ブログが 空いてしまいました~。 すいません。

日が経つのって 本当に 早いですね。 

 

本日は 快晴の 日曜日です。 北陸地方では 直接的な 台風経路からは 避けておりまして、 無事に 立山町 S様邸 新築工事に おける 地鎮祭も 無事に 執り行う事ができました。

 

 

確認申請も そろそろ 許可が下りてくる頃なんじゃないかなぁ~ と 思います、

いよいよ 工事が スタート致します。

 

未分類

こんにちわ 武田 憲昭です。

日々の仕事に 追われていると、ブログ更新も あっという間に 日が空いてしまいますね。。

毎日更新している人って凄いですね。

さて、

最近は 時間の合間を 見ながら、 現在 図面 打ち合わせ段階の お客様の 図面の 内観の3Dパースを 少しづつ 作成しておりました。

 

 

シアター施設の ある LDKです。 こちらは、ワークスペースから リビングを見た 3D図です。

一応 在宅ワークスペース や 子供の勉強スペースとして 設計をしていたのですが、 改めて 3Dで 見てみると、 なんか ここでコーヒー飲みながら、 プロジェクターで 映画鑑賞も いいですね。

 

こちらは 客間の 3Dです。 中庭が 見えます。 LDKと 直進的に 繋がっているので、 季節の良い日には、 窓を引き込みサッシを 全開放して LDK + 中庭 + 客間テラス を 大胆に 使い バーベキュー や ホームパーティーも いいですね。

3D図で 見ていただけると 分かられるかと思いますが、 客間テラス → 中庭 → リビング → キッチンの順に 階段状に 上がっていっており、 キッチン部分が 一番 高い 間取りとなつております。

キッチンから 見渡せる 間取りとなっております。

 

3Dパース図 は、 作るのに 時間が かかるのですが、 作っているだけでも 楽しい作業です。

未分類

こんにちわ ~ 武田 憲昭です。 なんとなく  夕方 涼しく感じる様に なってきませんでしたか? 気のせいかな?

さて

射水市 M様邸  再生工事です。

玄関廻りの 雨に濡れない為に 造った下屋が 完成してきております。

 

 

お盆前までは、 化粧柱を 立てて、 垂木下地の 状態でした。

 

お盆明けには 軒裏に 化粧材も 張られて、 だんだんと 重厚感が 出てきております。

 

未分類

今日は 少々 家作りとは 逸れた話を しようかと 思います。 

ん。 たまにじゃないか

さて

皆様も 趣味が あるかとは 思いますが、 私は ギター とか ゲーム とか 車が 好きで 趣味といえると 思います。

中には 時計 とか バック 、靴 など 装飾品が 好きな方も おられるかと思います。

趣味も 突き詰めて 長年 付き合っていくと、 なにかと 至高の一品が 欲しくなってきますよね。

 

 

僕も 自分なりに 思っている、 『至高品』  呼べる ギターを 一本 持っております。

 

写真を 見ても  普通の人から したら 「はぁ? なんか 変な色、、、」 って 感じだと思います。

 

何が 至高品なのかと いうと、 世界で一本しか 製造されていない ギターです。

ロサンゼルスの ギターの世界祭典(NAMMショウ)へ 日本製代表の (MADE IN Japan) 展示用として、作成された 世界で一本しかないモノなんです。

家でいうと ジュートピア富山に 建っている、各メーカーの贅を尽くした モデルハウスたち みたいな感じでしょうか。

また ギターの 木材は、 『ホンジュラスマボガニー』 が 使用されております。密度が高い木材で 楽器に使えば 良い鳴りがすると されている木材です。  現代では この ホンジュラスマボガニー は ワシントン条約での保護樹に指定されており、 輸出規制されている 木材なので、 入手は 非常に困難で 材料も枯渇し、 今では とても 高価な 木材なのです。   メーカーが 何十年と 在庫して持っていなければ、 なかなか 使えない材料です。

ボディの 塗装には 本物の パールシェル(貝殻) が 吹き付けてあり、その 縁取り(バィンディング)塗装部の見切りには 本物の べっ甲 が 使われております。 

その他 パーツ類も 最高級品の固まりです。

 

 

 

ギターには 保障証の 他、 『認定書』 も付いております。

 

カーポートで 例えると、 2台入りカーポートを 3セット 建てれる様なくらいの 金額の ギターです。

僕は 人の手から 人へと 渡り歩いたモノを 途中で ゲットしているので、 そんな 金額は 払ってはいませんが、

将来 手放したくない 一本であります。

 

この様に  家作りも、 お客様の 無理のない範囲での 『 至高の家 』 を 造るよう、 また 思って頂けるよう  心がけております。

 

 

未分類

本日は お盆前の 完成見学会にて、  図面の 作成依頼を 受けておりました お客様へ、 図面の提出 『初プレゼン』 の 約束の日でした。

どれだけ自信のある 建物を設計しても、 この日は やはり、 毎回 緊張します。

気に入って頂けるか ドキドキです。 

 

今回 設計させて頂いた 建物が こちらです。

 

 しっかりと 軒のある テラス付きの建物です。

なかなか カッコ良く、 かつ 機能的に まとまったと思い、提出しました。

お客様 の 反応は。。

「 いいですねぇ ~ 」 

あぁ 良かったです。

 

さて 明日も 一組の お客様に 初プレゼンの日です。 緊張します。 でも 頑張ろ!

 

 

未分類

こんにちわ 武田 憲昭です。

今日は 設計現場管理の担当させて頂いている、建物の 躯体検査がありました。 

躯体検査 (防水、耐震金具、等 )は 問題なく 通過しました。

 

建物は 長く住んでゆくにあたり デザイン性も 生活に ゆとりを与えてくれて 非常に重要な部分ではありますが、 それだけでは無く、 住んでからは 目に見えない このような 省エネ性、 耐震性、 メンテナンス性 が 非常に 大事ですよね。

ネットの口コミなどを見ていると、 こういった面で、 後々 後悔されている方々が 多いんだなぁ と 感じます。

デザインは 良いが、 その住宅会社の施工性(職人さんの 技量やバラつきムラ) や 性能 や メンテナンス性 に 不安があるのであれば、 性能評価 、認定住宅 の 認定を 受けて下さい と 伝えればいいんじゃないか と 思ったりもします。   工事が はじまってしまってからでは もう手遅れですので、よく 考えてみて下さい。

 

本日 検査を受けた現場は 認定を受けるので、(既に設計認定は受けて工事スタートしています)  後は、施工後の 施工認定の検査を 合格する必要があります。

ついでに、今日 来られた 検査員さんから  性能認定検査の際にスムーズに運ぶ為に、写真を撮っておいた方が良い 箇所など  いろいろ 教えてもらいました。 検査員さん 自身も 手間が省けますし、季節柄 暑くて体力的にも 辛いですしね。  ありがとうございます。

 

 

施主様の 名前入りの 土台を 写真に収めつつ、 断熱材の 名前( NEOMA FOAM )ネオマフォームと 書いてあります。 で その 厚みですね。 66mmと記載されている事を 写真に 収めました。

ネオマフォーム 66mmですと 熱伝導率0.02w/(m・K) です。 これに 構造用合板の 熱伝導率の補正を加えて、 基礎の性能を考慮した 温度差係数(0.7) を かけて 断熱性能値を 導き出せます。

 

天井は 補正値はなく、 温度差係数は1.0なので 一応 断熱材のみの 性能のまま計算値に 組み込みます。

これらの 詳細な 写真が それぞれ 有れば、 床下に潜っての断熱材の確認と、天井点検口から 天井裏に上がっての 断熱材の確認検査も 簡略化できると 聞きました。

 

基礎断熱は 50mm。 ここは 断熱材の種類が 商品に 書いてなかったので、出荷伝表が あれば 床下に潜る必要がなくなるので 検査も スムーズと 言われました。 

基礎断熱は、抵抗値 2.25に 立ち上がり高、底盤高、折り返し長 を 考慮し、線熱貫流率 0.4を 導き出します。

 

お客様から 求められてもいないのに イチイチ説明するのは、 聞いている お客様からしても 億劫な時間ともなりますが、 

「 自分の家は 温かいですか? 」  と 聞かれて、「 はい!」 じゃなくて、今の時代  お客様の 家を しっかりと 細部まで 説明できないと 営業マンとしても  駄目だと思います。

ネットで情報が氾濫している時代です、お客様も そう簡単に 信じてはくれません。

上記で 説明した 計算方法は、 簡単な 簡易計算方法なので 実際の建物よりも 数値は 悪くなってしまう計算方法ではあります。 でも  ある程度の 根拠ある 目安にはなる 数値です。

 

と いうか 来年からは 契約時に 建物性能 数値の説明、その根拠となる計算書の提出 が義務化されますよね。 営業マンにも かなりの 専門知識が 必要になってきている 時代に なりそうですね。

義務化 といっても 契約書 重要事項説明の際に、 性能値は計算しておりませんと記載し 説明すれば足りる事なのですが、 それって 恥ずかしいですもんね。

頑張りましょう。

 

未分類

こんにちは 武田 憲昭です。

今日は 駅北の方に 建築士免許の 更新の為の 講習に 来ております。

スマホからの更新ですので うまくアップされているか 少々 不安ですが 

一日かけて 缶詰め状態ですので、ちょくちょく電話が入れ違いになったり、ご連絡が取れず 不便をおかけしておりますが 申し訳ありません。

最新の法改正 等に ついての、頭のリセットと、それの研修、と その考察試験が最後にあります。 

3年に一回の 更新なんで、建築基準法も ちょくちょく 変わっていってます 頑張ります。

最近では、省エネ住宅の 省エネ法、などが 盛に言われていますが、

研修で 話しを 聞いていると  近い年に 耐震計算や耐震改修面での 大幅見直しとかが 来そうですね。

連絡に関しては、 講習休憩中に ちょくちょく 電話の折り返ししておりましたが、 結局は 12組の方々 から 20件の着信が ありました。 当事者の 方々には 大変 ご迷惑を おかけ致しました。  本日より 通常 営業に もどっております。

 

炎天下の 中、この場所のベンチで 昼食 の おにぎりを 一個 食べましたが、暑くて 地獄でした。。。

炎天下直下での 食事。 意外に いいダイエットになるかも (危険なんで 真似しないでね)