未分類

見学会の日も だんだん近づいてきております。

と 同時に 仕上げ工事も 進んでおります。

キッチンの換気扇用の壁にも タイルが施工されております。

油はねなども あるので、艶のある素材のタイルを 施主様が チョイスされました。 床が マットな ブラックのタイルなので、壁が 良い艶のあるアクセントになっていて とても 良かったです。

 

家具の取付も どんどん進んでおります。

 

完成が 楽しみです。

未分類

射水市 Y様邸 仕上げ工事も 小雨が 降る中、 粛々と行われております。

写真 少し 逆光ですが、 下屋根の中では、 LDKに面する ウッドデッキを 取り付けておりました。

ウッドデッキの施工は、 まだ 骨組みの状態ですが。この 骨組みに ウッドデッキを組み付けてゆきます。

和室 横手の 土間収納庫の 洗い出し仕上げも 完了しておりました。 既存の建物で使用されていた、 欅の式台、既存のランマを間接照明にて 彩ります。 この後、壁面には 米杉の無垢格子が 取り付けられます。

キッチンのタイルは、貼り付けは終わり、この後 目地詰めが 行われます。 換気扇のサイド壁の アクセントタイルは、まだ これから 施工のようです。

キッチンの 養生を 少し めくってみましたが、天板が黒の御影石で 床のタイルと 相まって 高級感が感じられます。

家族用玄関から 直通の サンルーム、パントリーの タイル工事も 貼り終えておりました。

上の写真の様に サンルームは タイル仕上げで、奥の食品庫やファミリークロークは フローリングで貼り分けてあります。

 

リビングに この後  フロアとフラットラインの ウッドデッキ、また 個性的な 造作家具が 取付られるのが とても 楽しみです。

 

2階ホールには この後、造作の本棚と スタディコーナーが 造られます。 光の入り具合が 綺麗です。

 

2階の寝室などの 居室は、エアコンも取り付け終わりましたし、 残すは 照明器具ですね。

和室は、基本的に ヒノキで 仕上げてあります。 仏間の 扉と、 雪見障子や  畳 の組み込みですね。

 

7月の 完成見学会 是非 ご来場下さい!

 

 

 

 

 

未分類

今日は 梅雨の時期に 珍しい 晴れ間です。

このチャンスに 間もなくスタートする工事の 建物の 地縄を 張ってきました。

共栄ホームズの 地元 婦中町にての 工事です。 東側、南側に建物は無し、ファボーレすぐソコ 学校も すぐソコ といった 立地条件 は最高です。

明日から 地盤調査です。

 

未分類

とうとう 梅雨が やってきました。 車が無く、自転車生活の 私としては どこに行くにしても、雨合羽 必須の 非常に 辛い季節です。 外工事も 進めにくいし、早く 終わればいいのに。(雨の恵みに失礼か。。)

そんな中、 本日 地鎮祭が 執り行われました。

 

式中は、シトシトと 雨が降っておりましたが、 式の準備中、また片付け中は ピタリと 雨が止んでくれました。 すごい タイミングでした。 テントを 組み立てたりする 身とすると とても 助かりました。

 

神主さんも 言っておられました、「雨降って 地固まる」

これより 工事スタートです。 よろしくお願い致します。

未分類

富山市 K様 S様邸 二世帯 平屋住宅の工事です。

 

本日は この建物に導入される ホームセキュリティ 『セコム』 との 事前電気工事の 打ち合わせでした。

セコムさんとの 打ち合わせは、電気工事内容、また サッシなど開口部に侵入者センサー 等を 取り付ける為 その 打ち合わせです。 また 1階部分が広いので 中継機への 電源等 の打ち合わせでした。

また 意外に コントロールBOXが 結構 大きいものなので、(床暖房やエコキュートのリモコンの4倍は ありそうな感じです。)導入をご検討の方は 事前に 配置場所など 確認をしておかれた方が 良いかもしれません。 筋交いなど 耐力壁には どうも取付にくいので、後々考えると いろいろ 不都合がでてきそうです。

外壁工事は、ツバメさんが 巣を作っちゃった為、一時中断です。

施主様との 話し合いの結果、縁起が良いものなので、ツバメの巣は 残しておくという選択になりました。

軒が出ている家なので いい住処に なってしまいました。

LDKからの望める 庭 と デッキテラスです。 デッキ取付部分に 線を引いておきました。

大きな 窓、大きな 勾配天井で 開放感ある LDKです。

大きな軒のある 立派な家なので ツバメ も なかなか 目が肥えておりますね。

人も動物も 魅了して引き寄せてしまうのかもしれません。

未分類

射水市 Y様邸 現在の 工事進捗状況は、 内装工事 終盤です。

今日も お陰様の 快晴です。 梅雨前に 外部配管や タイル左官工事は 終わらせたいです。

クロス工事、2階廊下も 終わっておりました。この後、左側壁面に 本棚 が 造り付けられます。

 

2階の 内装工事は すべて完了しておりました。

 

 

 

 

2階 主寝室の TVボードは 壁に 埋め込み式に なっております。 この 四角の窪みに ほぼ ぴったりと TVが 収まります。 壁掛けTVって 耳にしますけど、 埋め込みTVって あまり聞きません。 流行ったりして(笑) 

 

完成まで もう少しです。

未分類

最近、 ブログの内容が 自分の担当物件ばかりになっておりましたので、

他の 方々の物件も ご紹介致します。

 

朝日町 H様邸 再生工事も 順調に大工工事が 進んでおります。

外壁工事も 腰張り部まで 終わっておりました。

内部は 大工工事 中盤といった感じでした。

 

続きまして、 高岡市 Y様邸 再生工事です。

現在 解体工事中です。 見た所、比較的 新しめの 建物の印象を受けます。 再生も 比較的 スピーディに 進めれそうな印象を受けております。 

 

続いて、

また 高岡市 K様邸 再生工事です。

 

こちらの物件は、解体工事が終わりまして、これより 基礎工事がスタートです。 基礎、土台といった骨組みが姿を 現しております。

一件 綺麗に土台と基礎が 納まっているように見えますが、この写真を見て、土台の継ぎ手が アレ?? と 思われた方は なかなかの 建築知識人です。 改善要項です。

地震の際の 力の逃げ方向、 2階筋交い方向の 見直しも 検討です。

 

さて 

富山市 K様邸 新築工事に おける 全解体工事がスタートです。

こちらの物件は 私の方で、 無事に 現地測量、調整区域での建築適合通知書、建築確認申請まで 無事 申請許可を 終える事ができましたので、 そのまま担当を させて頂ければ良かったのですが、今の現場数で 手一杯の為、 他の 現場監督さんに バトンタッチです。 きっと お客様と一緒に 良い建物に 仕上げていってくれる事でしょう。

 

 

未分類

富山市 K様邸 S様邸 二世帯住宅です。

大工さんから 「 天井下地が 終わった~ 」 という連絡が きたので、サッシ周りの処理に 行ってきました。

これは 先日の 気密シートを取り付けている 写真です。 天井下地を する前です、サッシを すっぽりと包む様に 気密シートが だらーっと 下がっているのが 解られるかと思います。

 

確かに 天井下地が 終わっていましたね。 電気屋さんも そろそろ 呼んで 天井 と 壁の配線施工しないといけません。

 

という事で 胴差し から 垂れている、気密シートを サッシの大きさに 合わせて カットして 壁とサッシ廻りの 縁を切ります。

こんな感じに とりあえず サッシ部と断熱部の 縁を切ります。

縁を切ったので、 開口部と躯体の空中層には この後 別の断熱処理を行います。

これで やっと 壁 や 床の 本格的な 工事に かかってゆけます。

未分類

ブログの 表題通りとなりますが、 射水市 Y様邸 足場を バラしました!

足場を バラす事により、外観が 姿を 現しました。

飽きのこない 日本人ならでわの 和風の外観です。

正面に化粧柱が見えると思いますが、そこに 目隠しの格子を この後 取付けます。

なので、来客者は、 メイン玄関へ 建物 横手から 入ります。

今は 工事用仮設ドアですが、メイン玄関戸は、YKK製 の 最高グレードの イノベストD70を 取付ます。

無垢材のドアと 高断熱材を組み込んだ、高性能であり 見た目の良い玄関戸です。

その玄関扉の弱点は、値段が とても高い事と、厚みが厚く 無垢材という事もあり 若干重いです。

ここが 横手から見た 玄関アプローチの写真です。右側 化粧柱の間に 目隠しの格子が ずらーっと 取り付けられます。

アプローチ奥には L型に 大きなウッドデッキが取付られます。

こんな感じかな。

 

 

 

LDKに面する様に、室内フロア と バリヤフリーで 屋根付きのウッドデッキテラスが 設けられます。ウッドデッキテラスにも 目隠し格子が 付きますので、LDKでくつろぎ デッキで遊んでいる姿を 他人の目を 気にすることなく 過ごせます。 

 

さて 室内へ。

玄関ホールです。 写真では 見えませんが、右手の壁の奥が 玄関クロークです。

 

ホール正面  階段横には 無垢の杉パネルと 間接照明が 来客者を お出迎えです。 階段には 落下防止の 格子も サイドに取り付けられます。 イメージを線で 描いてみました。

 

 

裏手の家族用玄関は、 写真の 様な 飾り棚でお出迎えです。 花器を 飾れる様に なっております。家族用玄関にも 日常の生活に 一輪のやすらぎを 与えます。

LDK 作業中で 乱雑ですが、照明器具、造作の TVボード サイドボード 、ウッドデッキが 取り付けられれば 完成です。 床暖房も 施工済みです。 キッチンの床、壁 タイルにより 仕上げます。

 

サンルーム と LDKに 面するように、下の写真の様な 1階に ファミリークローク部屋もあります。

 

7月6日(土) 7日(日) 完成見学会予定です。 是非 ご来場下さい!! 当社モデルハウスにも 全然 引けをとらない 素晴らしい 建物になっております。

未分類

見学会 1日目も 無事に 終わり、 夜 お客様と 打ち合わせが あったので、その 打ち合わせ前に 現場へ 寄ってきました。

夜に 撮影した 写真なので、わかりにくいかもしれませんが、 富山市 K様邸 S様邸、二世帯住宅の 壁の断熱施工中の 写真です。

 

 

数値的に、開口部 APW330 樹脂スペーサーオール樹脂サッシ、 壁断熱材 熱抵抗値 次世代省エネルギー等級4を 超えております。 C値確保の為に 気密シートが 施工されているのも わかられるかと思います。

天井 金物部 等は、外部からは 気密テープ 内部からは 充填にて処理しました。

 

現在は、胴差しから 気密シートが 垂れております。 この後、サッシ廻りの 気密工事に 進みます。

また こちらの 建物、 玄関、脱衣場、洗面サンルーム、 トイレ 廊下 LDK 寝室 すべてに 床暖房を施工します。建物の性能 また 暖かさに こだわられた お客様なのだな と 予想が つかれると思われます。

(個人的に ブログで 数値で「建物」を判断する内容を あまり載せたくはないのですが、、、、 なんか 偏差値だけで「人間」が判断されているような 感覚になるからです。。。。 何故か、それは 個人的に 人にも建物にも 偏差値よりも重要なものが あると思うからです。 )

 

建物の性能、耐震性など 関して コストをかけた建物が良いのか、設備や 質感、見た目にコストをかけた建物が良いのか、 それとも すべてに こだわりたいのか。 予算に合わせて バランスをとるのか、 これに関しては、 住まれる施主様の ご要望に よるところだと 思います。

正直 いろいろな考えの施主様がおられるのと 同時に、いろいろな家が あります。 

 

あまり ネットの断片的な 噂を 信じ込まないようにしてください。

 

あっ。 ちなみに K様S様邸二世帯住宅 性能だけではありません、見た目も こだわっておられますよ~。

上部 写真は LDKと バリヤフリーで繋がる大きなデッキテラス と 庭  化粧の下屋 が 特徴になっております。